オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)20mg

 本日1108人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

腎臓が弱い人や高齢者でも安心できる降圧薬をお探しの人におすすめのオルメサルタン・メドキソミル先発薬です。20㎎タイプです。

有効成分:オルメサルタン・メドキソミル(Olmesartan Medoxomil)20mg


ブランド Daiichi Sankyo Thailand Ltd. (第一三共タイ)
獲得ポイント 36ポイント
在庫 30 残り僅かです。ご注文はお早めに。

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥3,580 ¥3,580 購入する
2箱 ¥2,440 ¥4,880 購入する
3箱 ¥2,060 ¥6,180 購入する
5箱 ¥1,676 ¥8,380 購入する
同じ有効成分(オルメサルタン)を含む他の医薬品

オルメテック(オルメサルタン)20mgとは

オルメテックは、高血圧治療薬です。

ARBという降圧剤に分類され、強い降圧効果とともに腎臓保護作用を有しているため、腎機能の低下した人や高齢者でも安心して服用することができるお薬です。


商品詳細・効果

オルメテックとは、高血圧を治療するためのお薬です。

有効成分は、オルメサルタンメドキソミルというもので、先発品と同じものであるため、効果・作用に変わりはほぼありません。

降圧剤には、その働きによって分類されており、代表的なものとして血管拡張剤、カルシウムイオン拮抗剤、ACE阻害剤、ARBがあり、オルメテックはARBに分類されています。

ARBとはAngiotensin II Receptor Blockerのことで、アンギオテンシンⅡという物質が、受容体に結合することを阻害する働きがあります。

このアンギオテンシンⅡという物質は、レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系において作用しているアンギオテンシンⅠが活性された物質のことです。

アンギオテンシンⅡの働きは、カルシウムイオンを細胞内に流入させる、アルドステロンの合成を促す、近位尿細管でナトリウムの吸収を促進することで、いずれも血圧上昇につながります。

アンギオテンシンⅡ受容体には、タイプ1と2があり、タイプ1は「血圧上昇、心肥大」
タイプ2は「血圧下降、心肥大の抑制」という働きがありますが、他のARBは両方の受容体に作用しているようですが、オルメテックはタイプ1を選択的に結合することで他のARBよりも高い降圧効果を有しています。

実際、他にもARBやその他の作用機序を持つ降圧薬の中で最も高い降圧効果を発揮しています。

また、腎臓の機能が弱まると、尿細管を収縮させろ過機能を強化する作用がありますが、これは腎臓に大きな負担を掛けることになり、腎臓がさらにダメージを受けてしまいます。

オルメテックはこの働きを抑制するために、腎保護作用があると言われております。


使用方法

オルメテックは1日1回、毎日決まったタイミングで服用するようにしてください。

もし飲み忘れた場合、気付いた時点で服用していただいて構いませんが、次の服用までは8時間は空けるようにしてください。1度に2回分服用することはしないでください。

通常は1回10mg~20mgの服用となりますが、年齢や症状に応じて増減することはでき、5mg~最大40mgまでとなります。

食事に関して、空腹時に服用しても、高脂肪食の後に服用した場合でも、その吸収率に差はないというデータがありますので、食事内容に注意していただく必要はありません。

降圧効果は服用開始から1週間程度で出始めてきて、2週間程度で降圧効果が確認できるようになります。さらに4週間~8週間かけて最大効果を発揮します。

したがって、飲み始めは十分な効果がないと感じるかも知れませんが、自己判断で増量などせず、医師の指示通りに服用してください。

錠剤からヨーグルトのようなにおいがすることがあります。オルメテックは服用して加水分解を受けることでプロドラッグ化するためのエステル結合が外れるように設計されています。

しかし、服用する前にごく一部エステル結合が外れることがあり、外れた物質からヨーグルトのようなにおいがします。この場合でも品質や効果に問題はありませんので、安心してください。

アルコールとの相互作用は確認されていませんので、併用は問題ありません。しかし、アルコールには血圧を上昇させる作用がありますので、十分な降圧効果を得ることができない場合もあります。過度の飲酒はさけてください。

湿気を吸い込むと変色することもあります。変色しても品質に問題はありませんが、PTPシートのまま保管してください。


副作用

その他の降圧薬と比較すると、比較的副作用が少ないことが特徴です。

しかし、その中でも比較的多い副作用としては、めまい、頭痛、下痢、発疹・かゆみがあります。

めまいや頭痛は血圧低下に伴うものであり、それほどひどいものでなければ、身体が慣れてくるため、そのような症状は感じなくなります。下痢は比較的長期間続くようですが、ひどいようなら一度医師に相談してください。

発疹・かゆみはどんな薬にもある副作用で軽度なことが多いですが、まれに重症なこともありますので、気になるようならすぐ医師に相談してください。

その他、肝機能値異常、腎機能値異常、血球成分系異常、心機能異常などが報告されています。

重篤な副作用として、血管浮腫、腎不全、高カリウム血症、ショック、低血糖、横紋筋融解症なども報告されているため、普段と異なる症状が認められた場合には、すぐに医師に相談してください。


使用・併用禁忌

妊婦・妊娠している可能性のある人や小児は、服用することはできません。

高血圧治療薬のラジレスを服用されている方は、併用することができません。併用した場合高カリウム血症や低血圧の発症リスクを高めてしまうためです。

併用注意として以下がありますので、服用前に医師に相談してください。利尿剤(カリウム保持性)やカリウム補給剤を服用されている方は、高カリウム血症状を発症することがあります。

リチウム製剤を服用されている方は、リチウム中毒になることがあります。非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDS)を服用されている場合、降圧作用の減弱や腎機能を悪化させることがあります。


保管方法

オルメテックを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。

特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。

また、ピルカッターなどで割った錠剤は取り間違いの起こる可能性がございますので、オルメテックと判別がつくようなケースに入れておくことをおススメします。元々錠剤の入っていたシートの中に丁寧に戻し、そのシートごとフタつきの容器に入れて保管する方法もOKです。


個人輸入について

オルメテックの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。

なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。

また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Daiichi Sankyo (Thailand) Ltd. (第一三共タイ) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱28錠入り

有効成分

オルメサルタン・メドキソミル(Olmesartan Medoxomil)20mg

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)20mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open