パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

カプトプリル25mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

カプトプリル25mg

FDC (エフディーシー)

本日2014人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 28pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

入荷待ち

カプトプリル25mgはアンジオテンシンⅡに働きかけることで血圧を下げる薬です。有効成分のカプトプリルはアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)と呼ばれる種類の薬になります。アンジオテンシンⅡが関わるレニン-アンジオテンシン系に働きかけることでアンジオテンシンⅡの作用を抑え、血圧を下げます。

内容量:56錠/箱

剤形 :タブレット剤

有効成分:カプトプリル25mg

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥936
(16.7円/錠)
¥4,680
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥1,260
(22.5円/錠)
¥3,780
2箱 ¥1,640
(29.3円/錠)
¥3,280
1箱 ¥2,880
(51.4円/錠)
¥2,880

このようなお悩みの方に

  • 家族性の高血圧の方に
  • 血圧が140/90以上の状態が続く方に
  • カプトプリルを処方され使用している方に

 

特徴・効果効能

カプトプリルは高血圧の症状を改善する薬剤です。一般名はカプトプリルです。国内では同じ成分の薬剤が、カプトリル錠やジェネリック医薬品として承認され処方されています。国内のカプトプリルは12.5mg、25mgの規格の他、散剤があります。一般に血圧の数値が140/90(収縮期血圧/拡張期血圧)以上の状態が続く場合には、高血圧と診断される事が多いようです。血圧が上昇する原因には様々なものがありますが、体内にあるレニン・アンギオテンシン系と呼ばれる血圧を上げるサイクルが活動しすぎてしまう事も原因の一つです。このレニン・アンギオテンシン系で生成される、血圧を上昇させてしまう体内物質にアンギオテンシンⅡがあります。アンギオテンシンⅡはその前駆物質であるアンギオテンシンⅠから生成されますが、その生成にはアンギオテンシン変換酵素という酵素が必要です。カプトプリルはこのアンギオテンシン変換酵素の働きを妨げる薬剤です。アンギオテンシン変換酵素の働きが妨げられた結果、血圧を上げる体内物質であるアンギオテンシンⅡが生成されなくなり、血圧が下がります。

※ 商品は、参考画像となります。在庫状況により同じ成分の他のメーカーの商品が配送されることがございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

 

使用方法

  • 1日37.5~75mgを3回に分割して服用します。用量は年齢・症状によって増減します。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、使用を控えてください。

  • 過去に血管浮腫の症状のあった方
  • デキストラン硫酸固定化セルロース・トリプトファン固定化ポリビニルアルコール・ポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスをしている方
  • アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜を用いた血液透析中の方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

 

 



正しく付き合うためのポイント

  • カプトプリルには使用する事ができない方、使用に注意が必要な方がおられます。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方は使用する事ができません。
  • アリスキレンフマル酸塩を使用している糖尿病の方は使用する事ができません。
  • 血清クレアチニン値が3ml/dlを超える腎障害の方は、用量を減らすか、使用間隔を伸ばすなど慎重に使用する必要があります。
  • 両側性腎動脈狭窄のある方や片腎で腎動脈狭窄のある方は、腎機能の悪化に注意してご使用ください。
  • 高カリウム血症の方は症状の悪化に注意してご使用ください。
  • 造血障害のある方、SLEなどの免疫異常のある方は使用中の血液異常の発現にご注意ください。
  • 重い肝機能障害のある方は症状の悪化にご注意ください。
  • 消化管潰瘍のある方や過去にあった方は消化管症状にご注意ください。
  • 脳血管性障害のある方は、過度の降圧によって脳血流の不全が起こる事の無いようご注意ください。
  • 光過敏症の既往のある方は発疹等がでる場合があるためご注意ください。

 

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


0件のカスタマーレビュー

click!!