サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

 本日2532人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

SNRI抗うつ薬!落ち込んだ気分を回復させ、不安や倦怠感、身体の痛みを和らげます!

有効成分:デュロキセチン 20mg

ブランド Sun Pharma (サン・ファーマ)
獲得ポイント 54ポイント
在庫 56

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥5,380 ¥5,380 購入する
2箱 ¥4,140 ¥8,280 購入する
3箱 ¥3,460 ¥10,380 購入する
5箱 ¥3,176 ¥15,880 購入する
同じ有効成分(デュロキセチン )を含む他の医薬品

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)とは

サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラは、サインバルタのジェネリック医薬品です。サインバルタは、うつ病や糖尿病性神経障害に伴う疼痛などに対して世界各国で使用されている薬です。本薬剤は、そのサインバルタの主成分と同じデュロキセチン塩酸塩を20 mg含有しています。


商品詳細

サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2~3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30~50日分となります。

ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1~2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。


使用方法

ドゥゼラ 20 mgは、1日1カプセルから使い始めてください。「1日1回朝食後」の服用です。

1週間以上飲んで気になる副作用が発現しないことを確認できたら、1日2カプセルに増量してください。

「うつ病」と「糖尿病性神経障害」に使う場合は、1日2カプセルでしばらく飲み続けてください。

それでも効果があまり感じられない場合には、1日3カプセルまで増量できます。

なお、3カプセルの場合も、1日1回朝食後の服用となります。

「慢性腰痛症」などの疼痛治療に使う場合は、1日1カプセルから開始して、1週間以上飲んで気になる副作用が出ないことを確認できたら、1日2カプセルに増量してください。

さらに、1週間以上飲んで気になる副作用が発現しないことを確認できたら、1日3カプセルに増量します。この場合は、1日3カプセル、朝食後で服用を続けてください。なお、これ以上の増量はできません。

なお、急に服用を中止すると、不安、興奮めまいなどが出るとの報告があります。服用を中止したい場合は、急に服用を中止せずに、徐々に減量していく必要があります。

高齢者が使用すると、薬物の血中濃度が高くなりやすいため、副作用が出やすくなります。

増量までの期間を十分に空けて、副作用が出ないか確認しながら服用してください。

服用初期や増量初期は、めまい、ふらつきによる転倒に、特に注意が必要です。

また、全身倦怠感や頭痛、嘔気などの症状が出たらすぐに服用をやめて、医師に相談してください。

妊娠している方に対する安全性が確認されていませんので、妊娠している可能性がある方の服用は避けた方が良いでしょう。

また、授乳中の場合も服用を避けることをお勧めしますが、どうしても服用したい場合は、授乳を控えてください。

18歳未満の方に対しては、うつ病に対する有効性が確認できていませんので、18歳未満の方は服用をお控えください。

また、ドゥゼラ 20 mgのカプセルは、腸で溶けるように作られています。主成分が胃酸に弱く、胃酸に触れると効力が弱まってしまう可能性があるためです。ですので、服用する際にカプセルをかみ砕いたり、服用しやすいようにと粉砕したり、すりつぶしたりしないでください。


副作用

比較的報告が多いのは、悪心、便秘などの消化器症状、眠気、めまい、倦怠感、口渇、頭痛です。症状が軽い場合は、しばらく飲み続けると自然と治まることがあります。

出やすい副作用に眠気、めまいがありますので、車の運転や機械の操作をする際には十分に注意してください。

重大な副作用としては、セロトニン症候群、悪性症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、痙攣、幻覚、肝機能障害、アレルギー反応などがあります。

これらの発現頻度はわずかですが、症状が出た場合にはすぐに対応する必要があります。

万が一、頻脈、痙攣、幻覚、意識障害、呼吸困難、高度の発熱・発汗、筋肉や皮膚の異常が現れた場合には、服用を中止して、すぐに医師の診察を受けてください。


使用・併用禁忌

ドゥゼラ 20 mgやサインバルタに対してアレルギーを持っている場合は、服用しないでください。

エフピー(セレギリン塩酸塩)を服用している、あるいは服用中止後2週間以内の場合も副作用が出やすくなる可能性がありますので、服用しないでください。

高度の肝障害のある場合や腎障害がある場合は、副作用が出やすくなりますので、服用しないでください。

緑内障の患者さんで、治療がうまくいっていない場合は悪化することがありますので、服用しないでください。

また、他に中枢神経に作用する薬やアルコールは、相互に効果を高めることがありますので、ドゥゼラ 20 mgと一緒に飲む際には注意が必要です。


保管方法

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)を保管するときは、高温になる場所を避け、室温で保管してください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。


個人輸入について

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)の個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Sun Pharma (サン・ファーマ) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱100カプセル入り

有効成分

デュロキセチン 20mg

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT