ストロメクトールジェネリック3mg

 本日4371人がチェックしました
(1 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

腹痛や便秘を引き起こす腸管糞線虫症やヒゼンダニによる疥癬治療なら

有効成分:イベルメクチン (Ivermectin) 3mg


ブランド Ranbaxy Laboratories (ランバクシー・ラボラトリーズ)
獲得ポイント 53ポイント
在庫 入荷待ち

¥4,680
同じ有効成分(イベルメクチン)を含む他の医薬品

ストロメクトールジェネリックとは

ストロメクトールジェネリックは、腸管糞線虫症や疥癬の治療薬です。

腸管糞線虫症とは、糞線虫が小腸に寄生することで発症する腹痛や便秘などの胃腸障害を発症させます。

疥癬とはヒゼンダニというダニが皮膚に寄生することで発症する丘疹(赤みやかゆみ)、結節、疥癬トンネルなどの症状を発症させます。


商品詳細・効果

ストロメクトールジェネリックは、腸管糞線虫症や疥癬を治療するためのお薬です。

有効成分は先発品であるストロメクトール錠と同じイベルメクチンが配合されているため、効果・作用は先発品とほぼ同じです。

イベルメクチンは、アベルメクチン群と呼ばれる広域スペクトル(多数の寄生虫に効果を持つ)抗寄生虫薬抗寄生虫薬です。寄生虫などの無脊椎動物の神経や筋肉に存在する受容体(グルタミン酸作動性Cl-チャネル)に選択的に強く結合します。Cl-の細胞膜透過性を高めることで、細胞膜の前後で電位差がでます。筋肉は電気信号によって動くため、この電子差によって神経や筋肉に痙攣します。その結果寄生虫が麻痺し死に至るという作用機序を持っています。

人間に対しての同じような効果はありませんので、安心して服用することができます。

同じような抗寄生虫薬としてアルベンダゾールというお薬がありますが、海外の臨床試験のデータから、アルベンダゾールよりもイベルメクチンの方が腸管糞線虫の駆除率が有意に高いと報告されています。また、日本で実施された50人の腸管糞線虫症患者を対象にした臨床試験のデータより、2週間に1回投与で投与4週間後の駆除率は98%(50人中49人)と報告されています。たった2回だけの服用でほぼ駆除できるということなので、非常に優秀なお薬ということができます。


使用方法

ストロメクトールジェネリックの服用量は、体重換算する必要があり、体重1kgあたり200μg(マクログラム)となります。

1回あたりの服用体重別に以下の通りです。

15kg~24kg:1錠
25kg~35kg:2錠
36kg~50kg:3錠
51kg~65kg:4錠
66kg~79kg:5錠
それ以上:200μg/1kg を加算

なお、1mgは1000μgであるため、80kg以上の場合はご自身で計算して服用してください。

腸管糞線虫症治療目的の場合は2週間に1回、合計2回服用していただきますので、投与期間は4週間(1ヶ月)となります。

一方、疥癬治療目的の場合は1回のみの服用となります。疥癬は一般的に身体の表面で発症しますが、爪でも発症することがあります。爪疥癬の場合は効果がありませんので、病院を受診し、適切な薬の処方を受けてください。

腸管糞線虫症の場合は4週間後、疥癬の場合は2週間後に効果判定として症状が持続しているか否かを判断していただく必要があります。もし症状が続いているようであれば、再度服用をしてください。

疥癬の場合、死滅したヒゼンダニに対するアレルギー反応のため、かゆみが継続することがありますただし、追加服用した後、2週間後でもまだ症状が続くようであれば、その他の疾患や感染の可能性もありますので、病院を受診するようにしてください。

疥癬でヒゼンダニの除去に成功した場合でも、死滅したヒゼンダニに対するアレルギー反応のため、かゆみが継続することがあります。赤みなどがなくかゆみだけであれば追加服用せずしばらく様子をみてください。

HIVウィルス感染や他の疾患などの影響から感染しやすい状態にある場合、服用量が異なってきますし、服用しないほうが良いこともあります。これらに該当される方は医師に相談してから服用を開始するようにしてください。

服用する際には、水で服用し、食間や食後2時間以上した空腹時に服用するようにしてください。有効成分は脂に溶けやすい性質があるため、脂っぽいものと一緒に服用すると、より多く体内に吸収されてしまいます。その結果、過量投与となり、副作用の発症リスクが高まることになります。


副作用

比較的多い副作用として、吐き気、かゆみ、めまいと言われています。

その他、軽度な副作用として、AST・ALT・ALPといった肝機能値異常、下痢や腹痛、食欲不振などの消化器症状、貧血や白血球数増加といった血球成分異常、無力感や疲労感などが報告されています。

また、重篤な副作用として注意いただきたいものが3点ありますので、症状があるようなら必ず病院を受診してください。

中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)は、兆候は発疹や発赤ですが、急速にそれらが急速に全身に広がり、粘膜にまで炎症を起こします。

黄疸は、肝機能が著しく障害されると発生する症状です。手が黄色く担っているようならその可能性があります。

血小板減少は、自覚症状はありませんが、出血した際に血が止まりにくいという特徴があります。


使用・併用禁忌

過去にこの薬を服用されて、重大な副作用の経験をお持ちの方は、同じ副作用が発生する可能性があるため、服用いただくことはできません。

安全性が確認されていないため、15歳未満の小児が服用することはできません。

妊婦、妊娠している可能性のある方は、動物実験で催奇形性が確認されているため、医療上必要と認められない限り服用することはできません。

また有効成分が乳汁へ移行することが確認されているため、授乳中の方も服用することはできません。


保管方法

ストロメクトールジェネリックを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。


個人輸入について

ストロメクトールジェネリックの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Ranbaxy Laboratories (ランバクシー・ラボラトリーズ) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱50錠入り

有効成分

イベルメクチン (Ivermectin) 3mg

カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 5.0 / 5
星5つ 100.00%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

100% のお客様が
この商品をオススメしています

ストロメクトールジェネリック3mgの口コミ (1件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT