タミフル

 本日3385人がチェックしました
(6 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

早めの服用が治療のカギ。予防目的での服用も可能なインフルエンザ治療薬

有効成分:オセルタミビルリン酸塩 (Oseltamivir Phosphate) 75mg


ブランド Roche (ロシュ)
獲得ポイント 75ポイント
在庫 在庫あり

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥7,980 ¥7,980 購入する
2箱 ¥7,400 ¥14,800 購入する
3箱 ¥6,993 ¥20,979 購入する
5箱 ¥6,520 ¥32,600 購入する
同じ有効成分(オセルタミビルリン酸塩 )を含む他の医薬品

タミフルとは

タミフルはA型・B型のインフルエンザウイルスに効果を発揮します。
インフルエンザの診断が確定していなくても、タミフルを服用することで発症を予防できるため、大切な試験を控えた方や仕事を休めない方は常備しておくと、いざという時に安心です。


商品詳細

有効成分のオセルタミビルリン酸塩は、香辛料として有名な「八角」を原料とし、インフルエンザウイルスが体内で増殖する時に必要な「ノイラミニダーゼ」というタンパク質の働きを阻害することによって、ウイルスの増殖を抑えます。インフルエンザには稀にC型も存在しますが、C型のインフルエンザウイルスには、ノイラミニダーゼが存在しないため、タミフルは効きません。ただC型はA型やB型に比べると症状が軽く、普通の風邪のような経過で治ってしまうことも多いためあまり問題視する必要はないと言われています。

タミフル自体にはウイルスを殺す働きはないため、ウイルスの増殖がピークを迎える発症から48時間以内に服用することが非常に重要とされています。

インフルエンザの主な症状は急な高熱や全身倦怠感、関節痛などで、ウイルスが体内に入ってからある程度増殖し、感染から約24時間後に症状が出ると言われています。そのため、インフルエンザウイルスに感染前や感染後でも潜伏期間の段階で、タミフルを服用した場合、薬の服用期間中に限りますがインフルエンザ発症を抑えることができます。

ある製薬会社の研究発表によると、予防目的でタミフルを服用した場合のインフルエンザの感染率は、1.3%だと言われ、高い予防効果を示しています。ただ現在の日本において、インフルエンザ予防でタミフルを使用することが認められるのは、原則としてインフルエンザ発症者と一緒に生活している方、慢性心疾患や呼吸器疾患などを持っており、インフルエンザ発症時に重症化が心配される方、65歳以上の高齢者に限定されています。

そして、予防目的で使用する場合は保険適応が認められないため、医療機関で処方してもらう場合は、合計で5000〜8000円(薬剤代の他、診察・処方箋料・調剤料など含む)程度の自費負担が必要とも言われています。しかし上記のような対象に入らない方でも、大事な試験を控えた受験生やどうしても仕事は休めないという方でインフルエンザを予防したいと思う方はネットでタミフルを購入することもおすすめです。インフルエンザ流行期前のワクチン接種も有効な予防策のひとつですが、残念ながらワクチンを接種していても100%発症を予防できるわけではありませんので、ここぞという時にはタミフルを併用し、より確実に予防しましょう。


使用方法

通常成人及び体重37.5kg以上の小児は、1日2回、1回1カプセルを5日間服用します。

タミフルの効果を最大限に引き出すポイントは症状が出たら、できるだけ早く服用することです。

また予防目的で服用の場合、成人および体重37.5kg以上の小児(原則10歳以上)1日1回、1カプセルずつを7~10日間服用します。尚、予防効果に関してタミフルは服用から4時間前後で有効成分の血中濃度が最大となるため、基本的には服用当日から効果が発揮されると考えてよいでしょう。ただし予防効果は連続して服用している期間に限りますので、注意してください。

タミフルは食事による影響を受けにくいため、食前・食後どちらに服用しても構いませんが、1日2回服用する場合は12時間以上間隔をあけるようにしましょう。もし、タミフルを服用し忘れた場合、気付いた時点でできるだけ早く服用し、1度に2回分を同時に飲むことは絶対に避けてください。

気になる副作用ですが、タミフルを服用して24時間以内に一時的につじつまの合わないことを言ったり、突然走り出したり、飛び降りようとするといった異常行動が見られたという報告があります。これらの行動は大人よりは未成年や小児に多く見られること、タミフルを服用していないインフルエンザ患者でも確認されたことから、異常行動とタミフルの因果関係ははっきりしていませんが、小児の服用においては特に使用後の経過観察が必要となります。

異常行動が観察されやすいタイミングとしてはタミフルの初回~2回目の服用時、服用してから24時間以内、特に睡眠から目覚めた直後に見られることが多いとされており、タミフル服用中の未成年や小児は一人にせず必ず誰か傍にいるようにする、戸締りの徹底や危険になりそうなものはよけておくなどの対策が望ましいでしょう。

また高熱や水分不足による脱水でもこういった症状が起こりやすくなるため、弱い解熱剤・クーリングなどを併用して体温を下げる、水分摂取をこまめに行うことも併せて行うと効果的です。


副作用

よく起こるものとしては腹痛や下痢、吐き気などがあります。
これらはタミフルの副作用ばかりでなくインフルエンザや細菌感染によっても起こるため、安静を心がけ、水分をこまめに摂って様子をみることで改善することが多いです。

重大な副作用としては突然の呼吸苦、顔や唇が腫れるなどのアナフィラキシーショック症状、尿が出にくくなる急性腎不全、先に述べた異常行動などが報告されています。異常行動の種類は様々です。例えば、意識が朦朧とする、手足の筋肉が硬直しガクガクと震える、幻覚や幻聴によって混乱に陥り、通常であればありえないような行動をしてしまう「せん妄」などがありますが、原因は不明です。異常行動そのものは、十分に経過を観察し安全に配慮すれば命に関わることは少なく、経過を見る内に自然に収まることが大半なため、過度に不安にならないことも大切です。


使用・併用禁忌

タミフルを服用できないのは1歳未満の乳児または過去にタミフルの成分でアレルギーを起こした人のみです。妊娠中・授乳中の女性でも医師が必要と判断する際には服用することができます。

ただし、タミフル服用時に異常行動の報告の多い未成年や腎機能が低下している高齢者や腎不全の方が服用する場合には注意が必要です。

また、タミフルと一緒に服用できない併用禁忌薬はありませんが、ロキソニンやボルタレン、バファリンのような解熱鎮痛剤との併用はインフルエンザ脳症を起こす可能性が報告されているため避けた方がよいでしょう。

近年、医療機関では比較的安全性の高いアセトアミノフェンが併用されることが多いですが、その場合でも体温低下などの恐れがあるため、まずはクーリングで様子を見るか、自身で判断せずに最初から病院を受診することをおすすめします。


保管方法

タミフルを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。


個人輸入について

タミフルの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Roche (ロシュ) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱10カプセル入り

有効成分

オセルタミビルリン酸塩 (Oseltamivir Phosphate) 75mg

カスタマーレビュー

6 レビュー | 評価 4.5 / 5
星5つ 50.00%
星4つ 50.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

90% のお客様が
この商品をオススメしています

タミフルの口コミ (6件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT