パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

ダイアモックス(アセタゾラミド)250mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

ダイアモックス(アセタゾラミド)250mg

Wyeth (ワイス)

本日5052人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 43pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

ダイアモックスは炭酸脱水酵素の働きを抑える薬で、主に緑内障の治療薬として使われます。炭酸脱水酵素は目や腎臓、脳などにある酵素で、水分と炭酸ガスの反応に関わります。緑内障とは眼圧が高くなる病気で、40歳以上の人を検査すると100人に4人がかかっているとされています。

内容量:90錠/箱

剤形 :タブレット剤

有効成分:アセタゾラミド250mg

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥2,176
(24.2円/錠)
¥10,880
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥2,560
(28.4円/錠)
¥7,680
2箱 ¥2,990
(33.2円/錠)
¥5,980
1箱 ¥4,280
(47.6円/錠)
¥4,280

このようなお悩みの方に

  • 緑内障の治療に
  • PMS(月経前緊張症)にお悩みの方に
  • 睡眠時無呼吸症候群の改善
  • 高山病対策として

 

特徴・効果効能

ダイアモックスは炭酸脱水酵素の働きを抑える薬で、主に緑内障の治療薬として使われます。炭酸脱水酵素は目や腎臓、脳などにある酵素で、水分と炭酸ガスの反応に関わります。緑内障とは眼圧が高くなる病気で、40歳以上の人を検査すると100人に4人がかかっているとされています。眼圧が高くなると視神経が障害を受けやすくなり、症状が進行すれば失明する恐れがあります。

眼の中には房水という液体が循環しており、房水が過剰に作られたり、房水が排出される部分が詰まったりすると眼圧が高くなります。房水の生成には炭酸脱水酵素が必要ですが、ダイアモックスは房水の生成に必要な炭酸脱水酵素の働きを抑えることで房水の生成を抑制し、眼圧を下げて症状の進行を抑える働きがあります。

また、メニエル症候群、月経前緊張症、睡眠時無呼吸症候群の症例に使用されます。また、高山病は血中の酸素濃度が低くなることで起こる症状ですが、ダイアモックスには呼吸中枢が刺激して呼吸回数を保つ働きがあるので、高山病の予防や治療に使われます。

 

使用方法

  • 使用量の目安
  • 緑内障:通常、成人には1日250~1,000mgを分割して服用する。
  • てんかん:通常、成人には1日250~750mgを分割して服用する。
  • (ただし、他の抗てんかん薬で効果不十分な場合)

  • 月経前緊張症:通常、成人には1日1回125~375mgを月経前5~10日間又は症状が発現した日から服用する。
  • 肺気腫における呼吸性アシドーシスの改善、心性浮腫、肝性浮腫:通常、成人には1日1回250~500mgを服用する。
  • メニエル病及びメニエル症候群:通常、成人には1日1回250~750mgを服用する。
  • 睡眠時無呼吸症候群:通常、成人には1日250~500mgを分割して服用する。
  • 高山病予防:1回125㎎を1日2回、高地に行く前日から服用を開始し、低地に戻るまで継続して服用します。
  • 治療(軽度~中程度の高山病の場合)1回250㎎を1日2回朝夕に分けて服用します。 ただし、重症の場合はすぐに低地に戻り適切な治療を受けてください

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、使用を控えてください。

  • ダイアモックには利尿作用があるので、通常、朝1回、または朝と昼の2回に服用し、夜の服用は避けることが多いです。
  • 服用後にめまいが起きることがあります。車の運転や高所での危険な作業などには注意してください。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

 

 



正しく付き合うためのポイント

ダイアモックスは古くから使われている薬ですが、服用すると体内のカリウムイオンが失われます。長期に渡って服用する場合は、定期的に血液の検査を受けるとよいでしょう。また果物や野菜類を食べることで、不足しがちなカリウム分が補うことができますので、積極的に摂ると良いでしょう

 

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


※ 商品は、参考画像となります。在庫状況により同じ成分の他のメーカーの商品が配送されることがございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

0件のカスタマーレビュー

click!!