パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

ダリロング(ダリフェナシン)15mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

ダリロング(ダリフェナシン)15mg

Sun Pharma (サン・ファーマ)

本日2317人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 61pt

入荷待ち

ダリロング(ダリフェナシン)15mgは膀胱に尿が溜められなくなることが原因で起こる、頻尿や突然に強い尿意が起こる尿意切迫などの過活動膀胱症状を改善し尿間隔を平常に戻巣効果があります。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット剤
有効成分 ダリフェナシン15mg
ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥3,965
(132.2円/錠)
¥19,825
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥4,298
(143.3円/錠)
¥12,894
2箱 ¥4,715
(157.2円/錠)
¥9,430
1箱 ¥6,174
(205.8円/錠)
¥6,174

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

ベストケンコーをSNSでシェア!

このようなお悩みの方に

  • 過活動膀胱で治療中の方に
  • 頻尿の悩みがあり過活動膀胱と診断された方に
  • 国内未承認のダリフェナシンの製剤が必要な方に

 

特徴・効果効能

ダリロング(ダリフェナシン)15mgは一般名ダリフェナシン臭化水素酸です。国内では未承認の過活動膀胱の改善薬です。 ダリロング(ダリフェナシン)15mgはジェネリック医薬品になります。 ダリロング(ダリフェナシン)15mgの成分であるダリフェナシンは、スイスのノバルティスファーマによって発売されました。メジャー医薬品としてのダリフェナシンはエムセレクスという名称の薬剤です。国内では未承認ですが、EU加盟の25ヶ国とノルウェー、アイスランドで市販が承認され使用されています。 ダリフェナシンは膀胱のM3受容体に作用する薬剤です。膀胱にはM2やM3の受容体が多く分布しており、排尿や尿意のメカニズムに関係しています。同様に膀胱のM2やM3受容体に作用する薬剤のグループには、ソリフェナシン(ベシケア)、プロビべリン(バップフォー)、イミダフェナシン(ウリトス、ステーブラ)などがあります。

※ 商品は、参考画像となります。在庫状況により同じ成分の他のメーカーの商品が配送されることがございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

 

使用方法

  • 使用量の目安
  • 1日1回7.5mgを服用します。使用開始から2週間の体調変化、症状の経過を観察し、必要があれば1日の服用量を15mgまで増量する事ができます。

※こちらは海外での用法です。国内未承認の薬剤であるため、用法・用量は医師に相談の上ご使用ください。

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、使用を控えてください。

  • 尿閉の症状のある方は使用する事ができません
  • 閉塞隅角緑内障の症状のある方は使用する事ができません
  • 重い心疾患の症状のある方は使用する事ができません

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

 

 



正しく付き合うためのポイント

  • ダリロング(ダリフェナシン)15mgはお持ちの疾患や症状によっては使用する事の出来ない場合、使用に注意が必要な場合があります。
  • 麻痺性のイレウス、幽門部、十二指腸、腸管に閉塞のある方は、胃腸の平滑筋の収縮運動が抑制される事によって症状が悪化する場合があるため使用する事ができません。
  • 胃アトニ―または腸アトニ―の症状のある方は、消化管運動が低下する事により症状が悪化する場合があるため使用する事ができません。
  • 重症筋無力症の方は筋緊張が低下する恐れがあるため使用する事ができません。
  • 重い肝機能障害のある方は症状が悪化する恐れがあるため使用する事ができません。
  • 潰瘍性大腸炎の症状のある方は症状が悪化する恐れがあるため使用には注意が必要です。
  • パーキンソン症状、または脳血管障害のある方は症状の悪化や精神神経症状がおこる恐れがあるため、使用には注意が必要です。
  • 認知症、認知機能障害のある方は症状が悪化する恐れがあるため使用には注意が必要です。
  • 過活動膀胱の治療薬の使用の前に、医療機関での十分な問診によって、尿路感染症、尿路結石、膀胱癌、前立腺癌などの下部尿路における癌などの、類似の症状を持つ別の疾患ではない事を確認する必要があります。
  • 過活動膀胱の症状に前立腺肥大症などの下部尿路閉塞疾患を合併している場合には、下部尿路閉塞疾患の治療を優先する必要があります。



個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

0件のカスタマーレビュー

click!!