本日595人がチェックしました
(7 件の口コミ)  |  口コミ・レビューを投稿する

ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)

気分が悪ければこの1錠!ナウゼリンのジェネリック医薬品

有効成分:ドンペリドン (Domperidone) 10mg


ブランド Cipla (シプラ)
獲得ポイント 34ポイント
在庫 在庫あり

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥3,380 ¥3,380 購入する
3箱 ¥1,460 ¥4,380 購入する
5箱 ¥1,076 ¥5,380 購入する

ドンペリドンとは

ドンペリドンは、以前からあるナウゼリンのジェネリック医薬品になるので、効果・安全性とも保障されています。

胃腸のムカつき、気分の悪さを抑えるための吐き気止めです。副作用も少なく効果も得られるため、どなたでも使いやすい薬になっています。


商品詳細・効果

ドンペリドンは胃腸に作用し、胃腸の動きを改善させることで吐き気を抑える作用があります。

また、脳にある嘔吐中枢に働くので吐き気を抑える作用もあります。ドンペリドンはナウゼリンのジェネリック医薬品で、ナウゼリンに比べ、手の震えや生理不順などの副作用症状が現れにくいと言われています。

さらに、子どもから高齢者まで幅広い世代の方に内服して頂ける便利な吐き気止めです。

胃は規則正しく運動することで、食物を消化し、腸へと送り出しています。しかし、胃炎や十二指腸潰瘍、薬の副作用、外科的開腹手術など、胃の運動を妨げる原因があると、胃腸の動きが悪くなり、食物が胃に停滞してしまいます。

胃に停滞してしまうことで、吐き気や嘔吐、食欲がない、お腹の張りや腹痛などの腹部症状、胸やけ、げっぷなどの症状が出てきます。これらの症状を改善してくれる薬がドンペリドンになります。

吐き気は中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の2種類に分けられます。中枢性嘔吐は、脳にある嘔吐中枢が刺激されることによっておこる吐き気で、末梢性嘔吐は胃腸などの消化管が刺激されることによっておこる吐き気です。

ドンペリドンは、後者の末梢性嘔吐に効果を発揮しますが、中枢性嘔吐にはあまり効果がありません。中枢性嘔吐に効果がないということは悪いことではなく、脳への薬の侵入が少ないということなので、脳に作用することで起こる副作用症状が出ることも少ないと言った利点もあげられます。

脳への作用も全くないというわけではなく、少しですが脳の嘔吐中枢の働きを抑える作用があるので、気分の悪さを改善してくれます。

ドンペリドンの主な効果としては、胃腸などの消化管にあるドーパミン受容体をブロックする作用があります。ドーパミンとは神経伝達物質のことで、ドーパミン受容体がドーパミンと結合すると、胃腸の動きが抑えられてしまうことがわかっています。

なので、ドーパミンを内服し、作用することでドーパミンの結合を妨げ、悪くなっている胃腸の動きが改善されます。したがって、胃腸での食べ物の消化を促進し、順調に胃から腸へ送り出せるようになります。


使用方法

ドンペリドンは、1日3回食事前に内服します。1回の量は状況や年齢によって変わりますが、大体10㎎/回です。

薬を食事前に内服するのには、2つ理由があります。

1つ目は、胃が空の状態で薬を内服することで、胃での薬の分解を促進することができます。

2つ目は、ムカムカした気分の悪い状態のまま食事をすると、どうしても食事が喉を通りません。食事前にドンペリドンを内服することで、気分の悪さを食事前に事前に抑えてくれるので、内服した後のほうがより食事を摂れるようになることが期待されます。

ここで知っていて頂きたいのが「食前」とはいつのことかということです。食前とは食事を食べる30~60分ほど前に薬を内服することを言います。

ドンペリドンは、薬を内服してから大体15~30分程度で薬の効果が最も現れるとされています。なので、食事を食べる30~60分前に内服すると食事を食べる時にはちょうど薬の効果を発揮し、気分の悪さを軽減してくれているので、忘れずに内服しましょう。

食事前に内服することがほとんどですが、絶対食前に飲まなければ効果が現れないというわけではありません。食べ物が胃に入っていることで、ドンペリドンの効果が最も現れるのは食事前の2倍かかるといわれていますが、気分の悪いタイミングで内服することもある薬です。

ほとんどの薬が食事後の内服なので、ドンペリドンのように食事前に内服する薬は飲み忘れてしまうことがあるかもしれません。食事前に飲み忘れてしまった時で、食事後すぐに飲み忘れに気づいたときは、食事後でも気分が悪い・ムカムカすると思ったら処方通りの量を内服して下さい。

ドンペリドンの効果はしっかり現れてくれるので、胃の動きを活発にし、胃に留まっている食物を腸へ送り出してくれるので、気分の悪さが改善されます。

時間が経って気付き、気分がいい時は次の食前の内服時まで飲まずに1回分スキップしてください。次の食事前に内服するときは、1回分の分量だけを内服するようにして下さい。


副作用

ドンペリドンの副作用症状の報告例は比較的少ないほうですが、腹痛・下痢・めまいなどが現れるときがあります。

ごくまれにホルモンが乱れることによって引き起こされる副作用症状が、男性の場合は乳房が女性のように膨らんでしまうことがあります。女性の場合は、乳汁が分泌したり、月経不順などの症状が現れることがあります。

重篤な副作用としては、アナフィラキシーショックや意識障害、肝機能障害があります。ごくごくまれな副作用症状ですが、子どもや高齢の方、長期的にドンペリドンを内服している方には注意が必要になります。


使用・併用禁忌

消化管に出血や閉塞がある方、妊娠中の方、下垂体腫瘍のある方はドンペリドンの使用ができなくなっています。

抗うつ薬などと一緒に内服してしまうと、ホルモンバランスが崩れ、副作用症状が現れやすくなる例が報告されています。

消化管が痛い時に内服する抗コリン薬などの痛み止めと一緒に内服すると、2つの作用が弱まるといわれています。

反対に、クラリスロマイシンなどのマクロライド系抗生剤と一緒に内服すると、ドンペリドンの血中濃度が高まってしまうので注意が必要です。


保管方法

ドンペリドンを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。

特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。


個人輸入について

ドンペリドンの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。

なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。

また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Cipla (シプラ) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱100錠入り

有効成分

ドンペリドン (Domperidone) 10mg

ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)の口コミ (7件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT