ナプロシン250mg

 本日972人がチェックしました
(4 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

病院でもよく処方され、様々な炎症性疾患・疼痛に用いられる消炎鎮痛薬です。

有効成分:Naproxen(ナプロキセン)250mg


ブランド RPG Life Sciences (アール・ピー・ジー・ライフ・サイエンス)
獲得ポイント 28ポイント
在庫 36 残り僅かです。ご注文はお早めに。

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥2,780 ¥2,780 購入する
2箱 ¥1,640 ¥3,280 購入する
3箱 ¥1,260 ¥3,780 購入する
同じ有効成分(ナプロキセン)を含む他の医薬品

ナプロシンとは

ナプロシン250mgは、ナプロキセンという有効成分を含んでおり、非ステロイド系の鎮痛薬、抗炎症薬です。これをNSAIDsと呼びます。

腰痛や関節痛、頸肩腕痛、リウマチの鎮痛、痛風の発作時の治療薬として使用されています。


商品詳細・効果

怪我などによって傷を負った場合や細菌感染による組織修復に炎症が関わっています。これら炎症は体内での免疫による正常な反応です。

しかし、この炎症が過剰になると自分自身の組織まで破壊してしまいます。組織破壊が起こると、当然のことですが痛みが起こります。そのため、これら炎症反応を抑える物質は痛み止めの薬になることが分かります。

炎症の5大徴候と呼ばれるものとして、

・発赤: 炎症が起きている部位の血管が広がり、血流が増える
・発熱
・腫脹: 炎症が起こっているところに体液などが流れ込み、腫れること
・痛み: 炎症が起こっているところで、痛みの原因物質であるプロスタグランジンがつくられる
・機能障害: 体を動かすと痛いなど、上記4つの症状により起こるがあります。

ほとんど炎症が原因で上記のような症状が現れることがわかります。つまり、炎症を抑えることができれば、発赤や発熱、痛みを抑えることができると考えられます。

そこで用いられるのが、非炎症性ステロイド(NSAIDs)です。

ナプロシンはNSAIDsに分類される消炎鎮痛剤であり、様々な痛みや炎症性疾患に用いられますナプロシンを始めとするNSAIDsを使用する際は、これらは根本を治す治療ではなくあくまでも対症療法に過ぎないことを忘れないで下さい。

対症療法とは、症状だけを抑えている治療法の事です。あくまでも表面的な症状を感じにくくさせているだけの治療法で根本を治している治療ではない事を認識しておきましょう。


使用方法

下記の使用量はあくまでも目安です。

実際の使用においては、医師あるいは薬剤師の指示に基づいた適切な量を使用するようにしましょう。

リウマチ性関節炎、骨関節炎、硬直性脊椎炎の場合、通常成人は、症状に応じて、1回250mgまたは375mgまたは500mgを1日2回服用して下さい。

長期的に内服する場合は、症状にあわせて、用量を調節することが必要です。この場合、1日の内服量はより少なくても十分効果がある可能性があります。

朝と夜の服用量を同じにする必要はありません。また1日1回の服用も可能です。

5歳以上の小児の若年性関節リウマチの症状緩和には、通常1日2回(12時間毎)各10mg(体重1kgあたり)を服用して下さい。

月経困難症、急性骨格筋系障害の場合、通常成人は、服用開始量として500mgを服用し、以後6-8時間毎に250mgを服用します。ただし1日の服用量が1250mgを超えないようにしてください。

痛風発作の場合通常成人は、服用開始量として750mgを服用し、以後8時間毎に250mgを服用します。ナプロシンは痛風発作時の痛みには有効ですが、痛風自体の治療・予防に効果はないので注意して下さい。

片頭痛の予防の場合、片頭痛の予兆が現れた時点で、750mgを服用し、必要であれば30分以上の間隔をあけて250mgを継続して服用します。ただし、1日の服用量が1250mgを超えないようにしてください。

NSAIDsは胃粘膜を傷つけることがある、ということから出来るだけ食後に服用するようにしましょう。

✳︎推奨しているよりも多い用量、長い期間使用しないで下さい。
✳︎治療する上で、効果が得られる最低量を使用して下さい。
✳︎錠剤を噛んだり、砕いたりせずに、飲み込んで下さい。


副作用

よく起こる副作用としてげっぷ、あざ(皮下出血)、呼吸困難、頭痛、そう痒感、肌に大きく平坦な青紫色の跡が出来た時、胸の痛み・つまるような感覚など現れた場合、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

起こる頻度は少ない副作用として腹部膨満、黒色便(または血の混ざった便)、食欲不振、悪心・嘔吐、体重減少などが挙げられます。

また、内出血、筋肉の痙攣、不穏状態、眠気などの症状が現れた場合は、すぐに医療機関を受診して下さい。

医療処置が不要な副作用として耳鳴りが続く、雑音が聞こえてくる、胃の不快感・ムカムカなどの症状は、服用を続けていくことで、症状が治ってくることが多い副作用です。気になる場合は、医師に相談してみましょう。


使用・併用禁忌

アスピリン、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)にアレルギーの既往歴がある方は服用しないで下さい。長期間、高用量、心疾患のある方が服用すると、致命的な心臓発作を引き起こすリスクが高まります。

冠動脈バイパス手術の前後に服用しないでください。

一般的に高齢者では、生理機能が低下しているために副作用があらわれやすいので 、少量から投与を開始するなど、様子をみながら服用するようにして下さい。

妊娠中の場合、出産までの3ヶ月間のあいだに服用することで胎児に悪い影響を及ぼす可能性があります。服用を始める時は医師に相談しましょう。乳汁へ移行することがわかっています。服用期間中止、授乳を避けてください。


保管方法

ナプロシンを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。

特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。

また、ピルカッターなどで割った錠剤は取り間違いの起こる可能性がございますので、ナプロシンと判別がつくようなケースに入れておくことをおススメします。元々錠剤の入っていたシートの中に丁寧に戻し、そのシートごとフタつきの容器に入れて保管する方法もOKです。


個人輸入について

ナプロシンの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。

なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。

また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

RPG Life Sciences (アール・ピー・ジー・ライフ・サイエンス) / 発送国:シンガポール

内容量

90錠(Tablet)

有効成分

Naproxen(ナプロキセン)250mg

カスタマーレビュー

4 レビュー | 評価 3.5 / 5
星5つ 25.00%
星4つ 0%
星3つ 75.00%
星2つ 0%
星1つ 0%

70% のお客様が
この商品をオススメしています

ナプロシン250mgの口コミ (4件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT