パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

フェブリク錠ジェネリック80mgの通販。痛風、高尿酸血症治療薬はベストケンコー

フェブリク錠ジェネリック80mg

Cipla (シプラ)

本日5067人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 35pt

フェブリク錠ジェネリック80mgは、尿酸を減らすことができるお薬です。尿酸の合成を強力に抑制し、血中尿酸値を低下させることにより治療効果をあらわします。服用することで痛風発作による耐え難い痛みを予防することができます。

内容量 10錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠にフェブキソスタット(Febuxostat)として80mg含有
ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥1,627
(162.7円/錠)
¥4,881
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
1箱 ¥3,580
(358円/錠)
¥3,580

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

ベストケンコーをSNSでシェア!

同じ有効成分(フェブキソスタット)を含む他の医薬品

フェブリク錠ジェネリック80mgとは

フェブリク錠ジェネリック80mgは高尿酸血症治療薬です。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

高尿酸血症は、痛風の原因となる疾患です。

尿酸とは、体内に存在するプリン体などが分解された最終産物であり不要な老廃物です。

血中の尿酸値が高い状態が持続すると、尿酸が体内で結晶化し、その結晶が足の親指関節などに沈着することで激痛が生じる痛風発作を起こします。

フェブリク錠ジェネリック80mgは、痛風の原因となる尿酸の合成を強力に抑制することで血中の尿酸値を低下させ、痛風発作による節々の痛みや、尿酸結石の形成を予防することができます。

フェブリク錠ジェネリック80mgの効果・効能

  • 痛風、高尿酸血症
  • がん化学療法に伴う高尿酸血症

フェブリク錠ジェネリック80mgの有効成分

有効成分はフェブキソスタットです。

1錠にフェブキソスタットとして80mg含有しています。

フェブキソスタットは、日本の製薬企業である帝人株式会社(現在の帝人ファーマ株式会社)によって1991年に発見されました。

新規の高尿酸血症として優れた治療効果を持ち、2016年3月、フェブキソスタットは欧米、アジアなど世界57の国や地域で承認され使用されています。

フェブキソスタットはキサンチンオキシダーゼ(XO)阻害薬といわれる種類のお薬です。

痛風・高尿酸血症の原因物質である尿酸はヒトにおけるプリン体の最終代謝産物であり、XOの作用により、ヒポキサンチンからキサンチンを経て産生されます。

XOは主に肝、小腸、腎及び血管内皮等の組織に存在しています。

有効成分フェブキソスタットは1日1回服用するだけでXOの作用を強力に阻害することができ、尿酸産生を抑制し血中及び尿中尿酸値を低下させることができます。

また、抗がん薬によるがん化学療法でも、がん細胞が急速に崩壊すると、細胞内の核酸や電解質が血液中に大量に放出されます。

核酸は分解され尿酸を産生するため、高尿酸血症を引き起こしてしまいます。

高尿酸血症は腎障害をもたらし、多臓器不全をともなう重篤な腫瘍崩壊症候群にいたるおそれもあります。

フェブキソスタットは、そのようながん化学療法に伴う高尿酸血症の発症抑制にも有用であり、使用されています。

用法と容量

<痛風・高尿酸血症>

  • 通常、成人にはフェブキソスタットとして1日10 mgより開始し、1日1回服用します。その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量します。
  • 維持量は通常1日1回40mgで、状態に応じて適宜増減できますが、最大服用量は1日1回60mgとします。
  • 海外では1日1回フェブキソスタットとして80~120mgの服用も承認されています。

<がん化学療法に伴う高尿酸血症>

  • 通常、成人にはフェブキソスタットとして60mgを1日1回服用します。
  • 海外では1日1回フェブキソスタットとして120mgの服用も承認されています。

最大限の効果を得るために

<痛風、高尿酸血症>

  • フェブキソスタット等の尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎(痛風発作)が誘発されることがあるので、本剤の服用は10mg1日1回から開始し、服用開始から2週間以降に20mg1日1回、服用開始から6週間以降に40mg1日1回服用とするなど、徐々に増量するようにしてください。
  • なお、増量後は経過を十分に観察するようにしてください。

<がん化学療法に伴う高尿酸血症>

  • 本剤は、がん化学療法開始1~2日前から服用を開始してください。
  • 臨床症状及び血中尿酸値をモニタリングしながら、化学療法開始5日目まで服用してください。
  • なお、状態に応じて、服用期間を適宜延長してください。

日本のクリニックなどで手に入れる場合

日本では、フェブリク錠ジェネリック80mgの先発品であるフェブリク錠を病院から処方してもらうことができます。
しかし、日本ではフェブリク錠ジェネリック80mgの半分しか有効成分を含有していないフェブリク錠40mgまでしか処方してもらうことができません。
1箱10錠分のフェブリク錠ジェネリック80mgと同じだけの有効成分を処方してもらうにはフェブリク錠40mgが20錠必要です

日本の病院から、フェブリク錠40mgを20錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
フェブリク錠40mgの価格:1錠108.7円×20錠=約2,180円
合計約5,680~6,680円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約1,710~2,010円かかります。

副作用

有効成分フェブキソスタットは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。
報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

<1~5%未満>
肝機能検査値異常〔ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GTP増加等〕、関節痛

<1%未満>
白血球減少、TSH増加、手足のしびれ感、浮動性めまい、傾眠、心電図異常、下痢、腹部不快感、悪心、腹痛、発疹、そう痒症、紅斑、四肢痛、四肢不快感、CK(CPK)増加、筋肉痛、β-NアセチルDグルコサミニダーゼ増加、尿中β2ミクログロブリン増加、血中クレアチニン増加、血中尿素増加、頻尿、倦怠感、口渇、血中トリグリセリド増加、CRP増加、血中カリウム増加

<頻度不明>
血小板減少、貧血、頭痛、味覚異常、動悸、蕁麻疹、脱毛、尿量減少、浮腫

使用禁忌・併用禁忌

<禁忌>

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
  • メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の患者。

<慎重投与内容とその理由>

  • 重度の腎機能障害のある患者(使用経験が少なく安全性が確立していません。)
  • 肝機能障害のある患者(使用経験が少なく安全性が確立していません。)

使用にあたって注意事項

<重要な基本的注意とその理由及び処置方法>

  • 本剤は尿酸降下薬であり、痛風関節炎(痛風発作)発現時に血中尿酸値を低下させると痛風関節炎(痛風発作)を増悪させるおそれがあります。
    痛風、高尿酸血症の治療に際し、本剤服用前に痛風関節炎(痛風発作)が認められた場合は、症状がおさまるまで、本剤の服用を開始しないようにしてください。
  • 本剤服用中に痛風関節炎(痛風発作)が発現した場合には、本剤の用量を変更することなく服用を継続し、症状によりコルヒチン、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド等を併用するようにしてください。
  • 本剤服用中は甲状腺関連の所見の有無を確認し、異常が認められた場合には甲状腺機能関連の検査を実施するようにしてください。

保管方法

  • フェブリク錠ジェネリック80mgは、高温・多湿を避けて25℃以下の場所で保管するようにしてください。
  • 直射日光を避け、光の当たらない場所や容器に入れて保管してください。
  • 安全のため、子供の手の届かない場所に保管してください。

フェブリクに関する各種文書

添付文書
https://medical.teijin-pharma.co.jp/iyaku/product/fcn28e0000000c2v-att/fcn28e0000000c62.pdf(医療関係従事者専用サイト)

インタビューフォーム
https://medical.teijin-pharma.co.jp/iyaku/product/fcn28e0000000c2v-att/fcn28e0000000c63.pdf(医療関係従事者専用サイト)

くすりのしおり(日本語版)
http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka_plain.cgi?n=44413

くすりのしおり(English)
http://www.rad-ar.or.jp/siori/english/kekka_plain.cgi?n=39173

執筆者/ 参考資料・出典

執筆者

薬剤師:白鳥勇磨

参考資料・出典

https://medical.teijin-pharma.co.jp/iyaku/product/fe/fet/index.html(医療関係従事者専用サイト)

https://ciplamed.com/content/febucip-tablets

郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーはお客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また当店の通販サービスは、ご自宅でのお受け取りを避けたい方が郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

フェブリク錠ジェネリック80mgの個人輸入・通信販売について

フェブリク錠ジェネリック80mgの個人輸入は厚生労働省により法律で認められています。ただし、個人輸入でのお薬などの購入は輸入者自身の個人的な使用に供する場合のみ許可されています。輸入した医薬品等を他者へ販売したり譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていませんのでご注意ください。なお、当店の個人輸入代行サービスの利用においてお客様による通関手続き、その他一切の輸入手続きは不要です。ベストケンコーはすべてのお客様へ国内の通販サイトの利用と変わらない、手軽で快適なフェブリク錠ジェネリック80mgの通販体験をご提供いたします。医薬品の個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。

また、当店の輸入代行サービスご利用の前に、必ずご利用規約をご確認ください。当サイトに記載している医薬品の用法用量、効果、副作用、禁忌などの情報は、基本的にすべて薬剤師が執筆しておりますが、一部販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものを掲載している場合もございます。ベストケンコーでは購入された医薬品によって生じる一切の事象において責任を負いかねますので、ご使用に際しては必ず医師など専門家にご相談くださいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

商品の配送について

■日本全国送料無料
日本全国どこでも(離島・沖縄を含む)送料無料でお届けします。商品代金以外、個人輸入代行手数料なども一切かかりません。住所の入力不備、不在による受け取り不可などの場合再発送をご手配いたしますが、再送料として1,000円のご負担をお客様にお願いしております。

■商品が到着するまでの期間
お支払い完了から5〜10営業日が商品ご到着の目安です。当店で取り扱う医薬品・サプリメントは全てシンガポールよりお送りさせていただいております。銀行振込の場合は入金反映後に出荷となります。お急ぎの方はクレジットカード決済をご利用ください。なお、通関の事情により商品ご到着が遅れることが稀にありますので予めご了承ください。

カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 3.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 100.00%
星2つ 0%
星1つ 0%

60% のお客様が
この商品をオススメしています

1件のカスタマーレビュー

click!!