パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

プレマリンジェネリック0.625mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

プレマリンジェネリック0.625mg

Generic (ジェネリック製薬メーカー)

本日7543人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 29pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

入荷待ち

プレマリンジェネリックは女性ホルモンの一つである、エストロゲンを配合した卵胞ホルモン製剤です。女性は年齢を重ねると体内のエストロゲンが低下して、様々な不快な症状(更年期障害)が現れます。プレマリンジェネリックでエストロゲンを補充することで、症状を和らげることが期待できます。

内容量:28錠/箱

剤形 :フィルムコーティング錠

有効成分:結合型エストロゲン0.625mg(ConjugatedEstragens)

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
7箱 ¥826
(29.5円/錠)
¥5,782
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥956
(34.1円/錠)
¥4,780
3箱 ¥1,427
(51円/錠)
¥4,281
1箱 ¥3,180
(113.6円/錠)
¥3,180

このようなお悩みの方に

  • 女性ホルモンのバランスを整えたい方に
  • 更年期障害にお悩みの方に
  • 卵胞ホルモンを補いたい方に

プレマリンジェネリックの特徴・効果効能

プレマリンジェネリックは女性ホルモンの一つである、エストロゲンを配合した卵胞ホルモン製剤です。女性は年齢を重ねると体内のエストロゲンが低下して、様々な不快な症状(更年期障害)が現れます。プレマリンジェネリックでエストロゲンを補充することで、症状を和らげることが期待できます。

その他、無月経、月経不順、膣炎、子宮不正出血、卵巣機能不全、骨粗しょう症の改善に使用します。

効果的なプレマリンジェネリックの使用方法

  • 使用量の目安
  • 通常1日1~2錠を服用します。機能性子宮出血や膣炎は1日1~6錠を服用します。年齢や症状により適宜増減します。
※ 薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

成分にアレルギーのある方、妊娠中、授乳中の方は医師に相談してください。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。


プレマリンジェネリックと正しく付き合うためのポイント

更年期障害では女性ホルモンのバランスが急速に乱れて、のぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、イライラなどの症状を伴います。 プレマリンジェネリックはこれらの症状の改善やコントロールが期待されます。飲み始めは乳房の張りや痛み、出血、吐き気や嘔吐などがおこることもありますが、服用を続けるうちに軽快することが多いでしょう。気になる時は医師に相談してください。

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

カスタマーレビュー

3 レビュー | 評価 5.0 / 5
星5つ 100.00%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

100% のお客様が
この商品をオススメしています

3件のカスタマーレビュー

click!!