パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

プレマリン0.625mgの通販。口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

プレマリン0.625mg

Wyeth (ワイス)

本日13221人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 67pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

※只今3箱購入ごとにプラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)1箱プレゼント中!

【プラセンタジェル差し上げます】プレマリン0.625mgは有効成分として結合エストロゲン0.625mgを含有する内服タイプの女性ホルモン製剤です。女性ホルモンのエストロゲンを補充する作用があり、更年期障害などエストロゲン不足による症状の改善目的に世界中で多く使用されています。

内容量:84錠/箱

剤形 :タブレット剤

有効成分:結合型エストロゲン0.625mg(ConjugatedEstragens)

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥3,996
(47.6円/錠)
¥19,980
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥4,593
(54.7円/錠)
¥13,779
2箱 ¥5,090
(60.6円/錠)
¥10,180
1箱 ¥5,880
(70円/錠)
¥5,880

同じ有効成分(結合型エストロゲン)を含む他の医薬品

只今3箱のご購入につき、
プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)を1箱無料プレゼント中!
※期間:在庫次第で終了します。お早めにこのお得なキャンペーンをご利用ください。

商品詳細

卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンは体内で重要な役割を担う重要な女性ホルモンです。これら2つのホルモンの増加減少のバランスにより、生理・妊娠・出産が成立します。

エストロゲンは正常な生理周期を保つ・排卵を起こす・女性の生殖器や乳房を発達させる作用の他、脳や中枢の神経機能や自律神経・循環器・脂質代謝・骨代謝など体内の様々な機能を正常に維持する作用があります。コラーゲン分泌促進作用により肌・粘膜の潤いやハリ艶を保つ作用もあるため、女性が美しく若々しく健康でいるために必須であるホルモンです。

更年期(閉経を迎えるまでの数年間、平均50歳前後)や卵巣欠落症状などによる卵巣機能の低下などの要因でエストロゲンの分泌が著しく減少すると、心身共に多くの不調が起こるようになります。このことを更年期障害と呼びます。

更年期障害は全ての女性に起こりうることですが、症状の発現には大きな個人差がありますが、主に疲労感、不眠、ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)、頭痛、めまい、不安やイライラ感などの全身症状が挙げられます。

プレマリン0.625mgは天然の結合型エストロゲンであるため、エストロゲンそのものを補充して体内で不足しているエストロゲンを補う作用を持つ薬です。主に更年期障害、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症の治療などでプレマリンは大活躍しています。尚、プレマリンのような女性ホルモン製剤を使用する治療を臨床の現場では女性ホルモン補充療法(HRT)と呼びます。

プレマリンはその他にも腟炎、機能性子宮出血、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥及び性交痛、尿失禁、不妊治療にも効果を発揮します。不妊治療においては、生理不順や排卵が起こらず妊娠が難しい状態である場合にプレマリンを服用してエストロゲンを補充することでホルモンバランスを整え生理周期が正常になり、結果的に妊娠確率のアップが期待されます。

また、長期間の服用で骨粗鬆症の予防効果が期待できます。プレマリンは骨量増加と骨折予防効果が世界的に認められている唯一の女性ホルモン製剤です。

プレマリンには美肌・美髪などの美容効果もありますが、局所的な効果を希望する場合は全身に作用する内服タイプのプレマリンより外用クリームタイプのプレマリンをお勧めします。 更年期障害などの全身的なエストロゲン欠乏による症状に対する効果はあまり期待できませんが、美容クリームのように肌に直接塗布できて全身的な副作用がほとんどないので安全性が高いです。

日本国内での購入

日本の医療機関でもプレマリンは非常に多く使用されています。

プレマリン0.625mgの薬価は1錠18.6円なので、28錠で薬代は521円になります。 ここに診察料、処方料、調剤料などの受診費用が加算されると総額およそ5,000~6,000円前後になるかと思われますが、保険適用の3割負担で自己負担はおよそ1,500~1,800円になります。

ただし、内診や血液検査など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円かかることを留意してください。初診の場合は初診料に加え詳しい診察や検査をすることが多いため、それなりの金額がかかることが予想されます。

用法と用量

プレマリンを通常成人は1日1~2錠を服用します。機能性子宮出血や腟炎の場合は1日1~6錠を服用します。食事の影響は受けないので、何時に服用しても構いません。

疾患や年齢などの身体の状態によって適宜増減します。プレマリンの服用方法には、症状に合わせて続的投与法(毎日持続的に服用していく投与法)と間欠的投与法(3週間程度投与し、残りの1週間は休薬する投与法)など様々な服用方法があります。医師の判断によるので、必ず医師に指示された用法用量を守って服用してください。

副作用

プレマリンの副作用は少ないですが、乳房の張りや痛み、性器出血、吐き気、むくみ、体重増加などの症状が報告されています。ホルモンバランスの変化による症状がほとんどで、軽度であれば次第に慣れてくるためさほど心配いりません。症状が重い場合や改善しない場合は服用を中止して早めに受診してください。

また滅多に起こりませんが、プレマリン及びエストロゲンを含有する女性ホルモン製剤には重大な副作用として血栓症が挙げられます。これはエストロゲンに血液凝固作用があるためです。息切れ、胸痛、痺れ、激しい腹痛・頭痛、舌のもつれ、視力障害、失神などが重い血栓症の主な前兆症状になります。

上記の症状をはじめ何らかの身体の明らかな異常をきたしたら、服用を中止してすぐに受診してください。

禁忌・注意事項

乳癌・子宮癌などのエストロゲン依存性腫瘍及びその既往症、血栓性静脈炎や心筋梗塞などの血栓性疾患、未治療の子宮内膜増殖症、未診断の性器出血、重い肝臓病、妊娠中の方はプレマリンを服用できません。

子宮筋腫、子宮内膜症、乳房結節、乳腺症、心臓病、腎臓病、肝臓病、糖尿病、てんかん、全身性エリテマトーデス、片頭痛、手術前4週以内、寝たきりの方はプレマリンの服用に慎重な注意が必要です。

プレマリンの服用を開始する前に乳房や子宮に異常がないか必ず調べましょう。

併用禁忌の薬は特にありませんが、糖尿病治療薬やステロイドなど飲み合わせに注意が必要な薬が幾つかあります。何らかの疾患で服薬治療中の方はプレマリンの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

数年単位の長期服用によって乳癌や子宮癌になる確率がやや上がると言われていますが、黄体ホルモン薬との併用でむしろリスクが減少するという報告があります。そのため、更年期障害の治療においては黄体ホルモン製剤と併用することが多いです。

このがんリスクに関しては様々な諸説がありはっきりとは明らかになっていないため、自己判断での安易な蔓延的な服用は避け医師の指示に従って服用してください。

保管方法

  • 直射日光を避け、高温・多湿ではない室温(1~30℃)で保管してください。
  • 子供やペットの手の届かない場所に保管するようにしてください。

  • 原稿作成:薬剤師 浅田 マキ

    個人輸入について

    個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
    個人輸入について、詳しくはこちら


    お申し込みの前に

    ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

    カスタマーレビュー

    4 レビュー | 評価 4.3 / 5
    星5つ 50.00%
    星4つ 25.00%
    星3つ 25.00%
    星2つ 0%
    星1つ 0%

    86% のお客様が
    この商品をオススメしています

    4件のカスタマーレビュー

    click!!