マイクロジノン21

 本日11881人がチェックしました
6 レビュー | レビューを書く

マイクロジノン21は、ドイツの有名な製薬メーカーであるバイエル社が製造・販売している経口避妊薬です。有効成分として2種類の女性ホルモンを含有し、21日間継続して服用することで確実な避妊効果を得ることができます。

有効成分:1錠にレボノルゲストレル(Levonorgestrel)として0.15mg、エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)として0.030mgを含有

ブランド:Bayer (バイエル)
ポイント:26ポイント

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥2,580 ¥2,580 購入する
3箱 ¥1,426 ¥4,278 購入する
5箱 ¥1,196 ¥5,980 購入する
7箱 ¥1,097 ¥7,679 購入する
12箱 ¥990 ¥11,880 購入する
同じ有効成分(エチニル・エストラジオール+レボノルゲストレル)を含む他の医薬品

商品詳細

マイクロジノン21は、ドイツの有名な製薬メーカーであるバイエル社が開発した経口避妊薬です。

有効成分として、女性ホルモンである黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)を含有しています。とくに黄体ホルモンのレボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)からも避妊効果が強く安全性が高いということを認められ、多くの避妊薬に含有しています。

1日1錠を21日間連続して服用することで強力に排卵を抑制し、妊娠を予防することができます。さらに、子宮の状態を調整して精子が子宮内に侵入するのを阻害する効果と、受精卵が着床するのを阻害する効果もあり、妊娠を予防することができます。

マイクロジノン21は、妊娠防止する効果だけでなく継続して服用することで体内のホルモンバランスを整える効果もあります。ホルモンバランスが崩れて生理の周期が乱れていると、情緒が不安定になったり、肌荒れ等身体にも不調が出てきます。

マイクロジノン21の2つの女性ホルモンがホルモンのバランスを改善し、生理周期を正常化することで、生理前のイライラや情緒不安定な状態になるPMS(月経前症候群)や生理痛を軽減することがでいきます。

マイクロジノン21を服用することで、女性の気になる多くのトラブルを解決することができるのです。

注意点として、経口避妊薬は妊娠を予防するためのもので、性病を防ぐ効果はないということです。ほとんどの経口避妊薬にも、HIV感染(エイズ)および他の性感染症(例えば梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス症、B型肝炎等)を防止するものではないと注意喚起がされています。

これらの感染防止には、コンドームを使用するようにしてください。

日本国内での購入

マイクロジノン21は、日本では販売されていない避妊薬なので病院から処方してもらうことができません。日本では、マイクロジノン21を製造・販売している医薬品メーカーであるバイエル社から販売されている経口避妊薬を処方してもらうことができます。

マイクロジノン21と同じ有効成分を含有するトリキュラーという避妊薬を処方してもらうことが可能です。

日本の病院から、マイクロジノン21と同じ量の1箱21錠分のトリキュラーを処方してもらうのにかかるコストは、

病院の検査料・処方料
1,000~3,000円

トリキュラーの価格
2,500~3,500円

合計3,500~6,500円もかかります。

日本では、避妊を目的とする低用量ピルを処方してもらう場合、保険が適用にならず全額自己負担になってしまいコストがかかります。

避妊薬を安価に購入するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです

用法と容量

マイクロジノン21は、1日1錠を毎日決まった時間に服用します。

21日間連続して服用したら7日間服用を休むようにしてください。

28日間を1周期とし、出血が終わっているか続いているかに関係なく29日目から次の周期の服用を開始してください。

以降はこの周期を繰り返します。

服用開始日は月経第1日目から服用するようにしてください。服用開始日が月経第1日目から遅れた場合、避妊効果を最大限に発揮できていない可能性があるので、マイクロジノン21を飲み始めの1週間はコンドームを使用するなど他の避妊方法を併用するのがおススメです。

副作用

マイクロジノン21の有効成分レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

主な副作用として、悪心、乳房緊満感(乳房の張り、熱感や圧感)、頭痛、嘔吐、下腹部痛等が起こることが報告されています。

重大な副作用として、血栓症が起こることが報告があります。

これら以外にも、マイクロジノン21を服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

禁忌・注意事項

マイクロジノン21は、以下のような方は服用することができません。

  • マイクロジノン21の成分に対し過敏症やアレルギー症状を起こしたことがある女性。
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)、子宮頸癌およびその疑いのある方。
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方。
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患のある方または以前血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患に罹ったことがある方。
  • 35歳以上で1日15本以上タバコを吸う喫煙者の方。
  • 前兆(閃光暗点、星型閃光等)を伴う片頭痛のある方。
  • 肺高血圧症または心房細動を合併する心臓弁膜症の方、亜急性細菌性心内膜炎に過去に罹ったことのある心臓弁膜症の方。
  • 糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症等の血管病変を伴う糖尿病の方。
  • 血栓性素因のある女性の方。
  • 抗リン脂質抗体症候群の方。
  • 手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内および長期間安静状態の方。
  • 重篤な肝障害のある方。
  • 肝腫瘍のある方。
  • 脂質代謝異常のある方。
  • 高血圧のある方。(軽度の高血圧の方を除く)
  • 耳硬化症のある方。
  • 妊娠中に黄疸、持続性瘙痒症または妊娠ヘルペスに過去に罹ったことがある方。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある婦人。
  • 授乳婦の方。
  • 骨成長が終了していない可能性がある女性。
  • オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス)を服用中の方。
  • これら以外にも、マイクロジノン21を服用するのに注意が必要な方がいます。

    持病のある方や、服用している薬・サプリメント・健康食品がある方はマイクロジノン21を服用可能か医師・薬剤師に相談するようにしてください。

    保管方法

  • マイクロジノン21は、高温・多湿を避けて室温(1~30℃)で保管してください
  • 安全のため、子供の手の届かない場所に保管するようにしてください。

  • 原稿作成:薬剤師 白鳥 勇磨

    個人輸入について

    個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
    個人輸入について、詳しくはこちら


    お申し込みの前に

    ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

    メーカー・発送国

    Bayer (バイエル) /  発送国:シンガポール

    内容量

    1箱に21錠入り

    有効成分

    1錠にレボノルゲストレル(Levonorgestrel)として0.15mg、エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)として0.030mgを含有

    カスタマーレビュー

    6 レビュー | 評価 3.8 / 5
    星5つ 33.33%
    星4つ 33.33%
    星3つ 16.67%
    星2つ 16.67%
    星1つ 0%

    76% のお客様が
    この商品をオススメしています

    マイクロジノン21のレビュー (6)

    レビューを書く

    商品名: 
    注意: HTMLタグは使用できません!
     

    click!! --> modal window open