メプレート10mg

 本日2464人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

不妊・流産・月経異常など女性特有のお悩みに!自然な形で作用する女性ホルモン経口薬

有効成分:酢酸メドロキシプロゲステロン10mg


ブランド Serum Institute of India (SII)
獲得ポイント 63ポイント
在庫 50 残り僅かです。ご注文はお早めに。

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥4,990 ¥4,990 購入する
3箱 ¥3,563 ¥10,690 購入する
5箱 ¥3,156 ¥15,780 購入する
同じ有効成分(酢酸メドロキシプロゲステロン )を含む他の医薬品

メプレート10mgとは

メプレートは、ファイザー社が開発した経口黄体ホルモン剤・プロベラのジェネリック医薬品です。女性ホルモンのひとつ黄体ホルモン(プロゲステロン)の不足やバランスの崩れを補い、女性の様々な症状の治療に使用されます。


商品詳細

メプレートは、女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)不足による症状を緩和する経口黄体ホルモン剤です。

メプレートの主成分である酢酸メドロキシプロゲステロンは、内服により体内で黄体ホルモンと同様の働きをするため、子宮内膜分泌化作用(子宮内膜が分厚くなって排卵後と同様の状態にして受精卵が着床しやすくする)や妊娠維持作用(着床後も受精卵が安定する)を示し、不妊症や流産・早産のなどの産婦人科領域で広く治療に用いられています。

黄体ホルモンは、排卵後、月経周期の後半(高温期・黄体期)に、卵胞から変化した黄体から分泌されるもので、不足やバランスの崩れにより、月経不順、月経量異常(過少月経、過多月経)、無月経、機能性子宮出血(器質的には異常のない子宮からの出血)、黄体機能不全による不妊症、切迫早流産、習慣性早流産などの症状が起こります。

メプレートは合成ホルモン剤ですが、天然の黄体ホルモンに近い自然な作用でこれらの症状を改善します。月経不順や無月経の場合には、一定期間の内服で子宮内膜を充実させてから、服用中止して出血を起こさせ、生理の周期を正常化します。機能性子宮出血の場合は、逆に子宮内膜を剥がれにくい状態にし、出血を抑制します。不妊症に対しては、排卵に合わせて服用を開始し、受精卵が着床しやすい子宮内膜の状態にします。早流産の危険がある場合には、子宮の緊張を緩和させ、子宮内膜を正常な状態に戻したり、習慣性流産の方には予防として使われることもあります。更年期障害に対する女性ホルモン補充療法を行う際には、卵胞ホルモン(エストロゲン)による子宮がん発生のリスクを低下させる目的で補助的にも使用されています。


使用方法

メプレートの使用方法は、目的によって内服のスタイルが異なります。

服用を1日1回にすると効果が低下する可能性がありますので、分割内服をおすすめします。 用量を調整するためにピルカッターがあると便利かと思います。

・月経異常(無月経、周期異常、月経量異常)、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性早産の治療では、1日2。5〜15mgを1〜3回に分けて服用します。

・乳がんの場合、600〜1200mgを3回に分けて服用します。

・子宮体がんの場合、400〜600mgを2〜3回に分けて服用します。

・続発性無月経のケースでは、1日5または10mgを5〜10日間内服します。エストロゲンの作用も最大に引き出すためには、メプレート10mgを10日間毎日服用する方法が最も推奨されます。内服はどの時期からでも開始できます。通常メプレート内服中止から3〜7日以内に離脱出血が認められます。

・ホルモンバランスの崩れによる異常子宮出血の場合、月経周期の16日または21日目から、5または10mgを5〜10日間毎日内服します。エストロゲン作用との相乗効果を期待すると、月経周期16日目から10日間毎日10mg内服することが最適です。

・更年期障害の治療としてエストロゲンを内服している場合、子宮内膜がんのリスクを低下させる目的でメプレートを内服する必要があります。エストロゲンとプロゲステロンの併用は、個々の女性それぞれの治療目標とリスクのバランスを考え、最も低い有効用量かつ最短期間で行われます。治療期間中は3〜6ヶ月くらいの間隔で定期的な検査が必要になります。

アメリカのFDA資料によると経口黄体ホルモン剤の最低有効量は決定していないとのことですので、婦人科など専門医にご相談ください。

用法や用量は年齢・症状によって違いますので、がん治療の場合は特に、医師の指示のもとで使用するようにしましょう。

内服の時期ですが、月経異常や不妊治療の場合、基礎体温の高温期に2週間服用します。

流産の予防、更年期障害の治療では、少量を継続的に服用していきます。

アルコールや特定の薬との併用により、内服後に眠気やめまいが起こることがありますので、症状が落ち着くまで車の運転や機械操作は控えてください。

内服により顔に色素沈着が表れることがあります。日光により悪化するので、そのような症状が認められた場合には、対処や紫外線対策などについて医師にご相談ください。


副作用

発生率は判明していませんが、腹痛、無月経・月経周期異常、不安、かすみ目、胸部の痛みや圧痛、めまい、ニキビ、眠気や不眠、不安感・緊張感・虚無感・無気力など気分の変化、うつ状態、食欲低下、体重の変化、軽度の脱毛、倦怠感などが報告されています。

服用開始時に多いのは、吐き気・嘔吐、乳房の張り・痛み、頭痛などですが、身体が薬に慣れるにつれて軽快していくことがほとんどです。

重い副作用はごく稀ですが、大量服用時に、手足の痛みやしびれとむくみ、激しい頭痛、突然の息切れや急激な視力低下といった症状を認めた場合、血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、はい塞栓症など)のリスクがあります。

また、じんましん、呼吸困難、顔・口唇・舌の腫れ、全身のほてりなど重度のアレルギー反応、異常な性器出血、乳房のしこり、失神・意識障害、新しく出現もしくは悪化した偏頭痛、重く長く続く胃痛、心臓発作の症状(胸部や顎から肩に広がる痛み、突発的で重度の悪心・嘔吐、異常な発汗)、眼や皮膚の黄染など重大な副作用が認められたときには、内服を中止し、直ちに受診するようにしてください。


使用・併用禁忌

黄体ホルモン剤に対して以前過敏症(アレルギー、アナフィラキシー)を起こしたことのある方、 原因不明の不正性器出血、乳がんの方(既往も含む)、エストロゲンあるいはプロゲステロン依存性の悪性新生物のある方(既往も含む)、深部静脈血栓症や肺塞栓症の方(既往も含む)、脳梗塞や心筋梗塞など動脈血栓塞栓症の方(過去1年以内の既往も含む)、肝疾患のある方(既往も含む)、妊娠している方(可能性も含む)はメプレートをご使用いただけません。

妊娠のご予定がある方、授乳中の方、過去のエストロゲン使用時に眼や皮膚の黄染を起こしたことがある方、 ご血縁に乳がん・乳房のしこり・子宮内膜症・卵巣がんの病歴がある方、ご血縁に血栓症の病歴がある方、うつ病の方、喘息の方、糖尿病の方、ポルフィリン症の方、喫煙者、過度の肥満の方、子宮摘出後の方、アレルギー体質の方、手術前後の方、長期臥床が必要な方などはご使用に際して注意が必要です。

メプレートによりむくみが生じる可能性がありますので、偏頭痛、喘息、心臓病、腎機能障害、発作性疾患のある方は慎重に内服するようにしてください。

飲み合わせとしてアプレピタント(抗がん剤治療による吐き気・嘔吐を抑える薬)、リファマイシン(抗生物質)はメプレートの有効性を低下させる可能性があります。


保管方法

メプレート10mgを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。


個人輸入について

メプレート10mgの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Serum Institute of India (SII) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱100錠入り

有効成分

酢酸メドロキシプロゲステロン10mg

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

メプレート10mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT