パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

メプレート10mg(プロゲステロン)の通販。口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

メプレート10mg(プロベラ)

Serum Institute of India (SII)

本日5777人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 63pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

残り40個

メプレート10mgは、女性ホルモン製剤であるプロベラ錠のジェネリックです。女性ホルモンを補充することができ、生理周期や量を正常化させたり、妊娠を安定化させたりする効果があります。その強い女性ホルモン効果より、男性の方も女性化の目的で服用しています。

内容量:100錠/箱

剤形 :タブレット剤

有効成分:1錠にメドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MedroxyprogesteroneAcetate)として10mg配合

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
買えば買うほど安くなる!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥3,156
(31.6円/錠)
¥15,780
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥3,563
(35.6円/錠)
¥10,690
1箱 ¥4,990
(49.9円/錠)
¥4,990

同じ有効成分(酢酸メドロキシプロゲステロン )を含む他の医薬品

商品詳細

メプレート10mgは、日本ではファイザー株式会社が製造・販売している女性ホルモンである黄体ホルモン製剤プロベラ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分であるメドロキシプロゲステロン酢酸エステルを、先発品のプロベラ錠の4倍である10mgもの高用量含有し、服用することで強力に作用をあらわします。メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは黄体ホルモン製剤といわれ、体内に存在する女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ部位に黄体ホルモン(プロゲステロン)よりも強力に作用することができます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、ストレスや生活習慣の偏り等ですぐにバランスを崩してしまい、女性は月経周期の乱れや不正出血として症状があらわれてしまいます。メプレート10mgの有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、服用することでそのバランスを崩してしまった黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ働きをし、乱れてしまった月経周期などを整えてくれます。

また、女性的な体の形成、とくに月経バランスを整え、妊娠が確定したら出産まで妊娠を維持する作用もあります。そのため、女性が服用することで月経異常、機能性子宮(子宮からの異常な出血)、不妊症、流早産などに治療効果をあらわします。

メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、女性ホルモンである黄体ホルモンと同じ働きをするので、男性の方が女性化する目的で服用している場合もあります。

女性ホルモンには黄体ホルモンだけでなく、卵胞ホルモン(エストロゲン)といわれるホルモンもあります。

メプレート10mgは黄体ホルモン(プロゲステロン)として働き、追加で卵胞ホルモン製剤(プレマリン等)を組み合わせることによって、女性的な体作りやホルモンバランスの調整をして、男性の女性化をしているようです。

日本国内での購入

日本では、メプレート10mgの先発品であるプロベラ錠を病院から処方してもらうことができます。

しかし、日本ではメプレート10mgの1/4しか有効成分を含有していない2.5mgのプロベラ錠しか処方してもらうことができません。

そのため、メプレート10mgの1箱100錠と同じ量を処方してもらうには、プロベラ錠2.5mgを400錠処方してもらう必要があります。

日本の病院から、プロベラ錠2.5mgを400錠処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料
3,500~4,500円

プロベラ錠2.5mgの価格
1錠25.1円×400錠=10,040円

合計で13,540~14,540円もかかります。

保険が適用されれば3割負担で約4,070~4,370円になります。

このコストは、1回病院を受診するだけでプロベラ錠2.5mgを処方してもらえた時の価格です。

しかし、通常日本の病院からプロベラ錠2.5mgを400錠も処方してもらうことはできません。そうすると頻繁に病院を受診しなければならず、そのたびに診察料や処方料がかかってしまうので、実際はこのコストよりもさらに高くなることがほとんどです。

安価で大量に購入を希望されるのであれば、個人輸入代行サイトを利用することがおススメです。

用法と容量

メプレート10mgの有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経量異常(過少月経、過多月経)、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産の治療目的で、以下の用法で服用することが可能です。

メドロキシプロゲステロン酢酸エステルとして、通常成人1日2.5(1/4錠)~15mg(1.5錠)を1~3回に分けて服用します。

副作用

メプレート10mgの有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

有効成分のメドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、もともと体内にあるホルモンなので非常に安全性が高く、ほとんどの方は副作用を起こすことはありません。しかし、メドロキシプロゲステロン酢酸エステルを大量に摂取してしまったり、体質的にあわなかったりすると、重大な副作用として血栓症、うっ血性心不全、乳頭水腫等があらわれることが報告されています。

また、メプレート10mgに配合されている成分に対してショックやアナフィラキシーを起こすことが報告されています。

これら以外にも、メプレート10mgを服用してなにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

禁忌・注意事項

メプレート10mgの有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、以下のような方は服用することができません。

  • 脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎等の血栓性疾患のある方、または以前に脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎等の血栓性疾患になったことがある方。
  • 重篤な肝障害・肝疾患のある方。
  • 診断が未確定の性器出血、尿路出血のある方。
  • 稽留流産(胎児が子宮内にとどまっていながら死亡し流産となること)の方。
  • メプレート10mgに含まれる成分(メドロキシプロゲステロン酢酸エステル等)に対して過敏症やアレルギー症状を起こしたことがある方。
  • これら以外にも、以下のような方はメプレート10mgを服用するのに注意する必要があります。

  • 心疾患・腎疾患のある方や、過去にあった方。
  • うつ病の方、あるいは過去にうつ病だった方。
  • てんかんの方、あるいは過去にてんかんだった方。
  • 片頭痛、喘息、慢性の肺機能障害の方、あるいは過去に片頭痛、喘息、慢性の肺機能障害だった方。
  • 糖尿病の方。
  • ポルフィリン症の方。
  • これら以外にも、持病があったり、継続している薬・サプリメント・健康食品がある方で、メプレート10mgの服用が可能かどうか不安な方は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

    保管方法

  • メプレート10mgは、高温・多湿を避けて室温(1~30℃)で保管するようにしてください。
  • 安全のため、子供の手の届かない場所に保管してください。

  • 原稿作成:薬剤師 白鳥 勇磨

    個人輸入について

    個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
    個人輸入について、詳しくはこちら


    お申し込みの前に

    ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

    カスタマーレビュー

    1 レビュー | 評価 5.0 / 5
    星5つ 100.00%
    星4つ 0%
    星3つ 0%
    星2つ 0%
    星1つ 0%

    100% のお客様が
    この商品をオススメしています

    1件のカスタマーレビュー

    click!!