ヤスミン

 本日15944人がチェックしました
13 レビュー | レビューを書く

ヤスミンは新しい世代の低用量ピルです。従来の低用量ピルに比べ副作用が少なく服用しやすいため世界中で大人気です。高い避妊効果に加え、月経困難症やPMS(月経前症候群)の治療、更にはニキビ治療にも素晴らしい改善効果を発揮します。

有効成分:1錠にエチニルエストラジオール0.03mg、ドロスピレノン3mgを含有

ブランド:Bayer (バイエル)
ポイント:46ポイント

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥3,759 ¥3,759 購入する
2箱 ¥2,772 ¥5,544 購入する
3箱 ¥2,408 ¥7,224 購入する
6箱 ¥1,904 ¥11,424 購入する
12箱 ¥1,678 ¥20,136 購入する

商品詳細

女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能の維持などに深く関わる重要なホルモンです。これらのホルモンの増加減少によって生理周期のリズムが作られ、妊娠出産が成立します。

ヤスミンはこの2つの女性ホルモンを少量含有する低用量ピルです。有効成分として黄体ホルモンであるドロスピレノン3mgと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.03mgを含有しています。ホルモン含有量が少ないため正確には超低用量ピルと呼ばれています。第4世代という一番新しい世代のピルで、バイエル社から販売されています。

低用量ピルは女性自身で生理や妊娠をコントロールできる薬です。高い避妊効果があり、正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れることで、脳下垂体から「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識され、卵胞の発育・排卵・子宮内膜の増殖が抑制されます。子宮内膜は受精卵のベッドであるため増殖して厚くなることで受精卵が着床しやすくなる作用がありますが、子宮内膜の増殖が抑制されると着床しにくくなり妊娠が成立しにくくなります。

また、黄体ホルモンの作用によって子宮頸管粘液の粘度が高まり精子が通りにくい状態にもなります。低用量ピルは、「排卵を抑制する」、「子宮内膜の増殖を抑制する」、「精子を通りにくくする」という、3段階の作用によって高い避妊効果を発揮します。尚、服用を中止すると脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促すようになります。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを一定に安定させる効果があるため、避妊以外にも月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ヤスミンは第三世代までの従来の低用量ピルに多く発現する食欲増進、体重増加、むくみ、肌荒れなどの副作用が起こりにくくなっています。ヤスミンに配合されている黄体ホルモンのドロスピレノンは新しい黄体ホルモン製剤であり、利尿作用を有しているためむくみにくくむしろむくみを取る効果が期待できます。また、天然の黄体ホルモンに非常に似ているためより自然に作用します。更に、肌荒れの原因であるアンドロゲン(男性化)作用を起こしにくいため肌荒れを予防できます。

ヤスミンは1錠に含まれるホルモン量が1周期を通じて全て同じであるため飲み間違いの心配がなく簡単に服用できます。

日本国内での購入

日本ではヤスミンと同成分・含有量はやや異なる「ヤーズ配合錠」が流通しています。( 有効成分エチニルエストラジオールの配合量がヤスミンより0.01mg少ないです。)

月経困難症の治療目的で処方される場合のみ保険適応となり自己負担は3割になります。(避妊など月経困難症以外では全額自己負担となります。)尚、ヤーズは1周期の中で24日の服薬・4日間の休薬となります。

ヤスミンの薬価は1錠245.7円なので、1シート24錠で薬代は5,897円になります。 ここに診察料・処方料・調剤料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ11,000~12,000円前後になるかと思われますが、保険が効いた場合はおよそ3,300~3,600円になります。

ただし、内診や血液検査など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されることを留意してください。

用法と用量

ヤスミンを1日1回毎日同じ時間帯(誤差はできれば6時間以内)に服用します。食事の影響はないので何時でも構いません。

避妊目的で服用する場合、生理初日から服用開始することを推奨します。生理初日から服用開始した場合、服用開始日から避妊効果を発揮します。他の日から服用開始した場合、十分な避妊効果が現れるまでには7~10日かかってしまうのでその期間は必ず避妊効果が高い避妊法を併用してください。

21日間(ヤスミン1シート分)続けて服用し、22日目から7日間休薬をします。この合計28日間が生理周期における1周期です。

この7日間の休薬期間に一般的に消退出血と呼ばれる生理が起こります。(出血がほとんどない方もいます。)休薬期間が終わり29日目からは次の周期になるので、新しいシートの服用を開始してください。

ヤスミンの服用を忘れた場合は気付いた時点で服用して構いませんが、2回分を同時に服用しないでください。服用間隔が36時間以上空いた場合は避妊効果が低くなるため、避妊目的で服用している方は注意してください。

周期の途中で服用時間を変更したい場合は、およそ12時間以内の時間変更であれば特に問題ありません。

副作用

ヤスミンの副作用は従来の低用量ピルと比べると少ないですが、乳房の張りや痛み、めまい、頭痛、吐き気、体重増加、むくみ、肌荒れなどの症状が報告されています。

これらはホルモンバランスの変化による症状であることがほとんどで、軽度であればさほど心配いりません。次第に身体が慣れて症状が消失していきます。症状が重い場合や改善しない場合は服用を中止して早めに受診してください。

滅多に起こりませんが、重大な副作用として血栓症が挙げられます。ヤスミンに限らず、エストロゲンを含有している全ての女性ホルモン製剤共通の副作用です。これはエストロゲンに血液凝固作用があるためです。

息切れ、胸痛、痺れ、激しい腹痛・頭痛、舌のもつれ、視力障害、失神などが重い血栓症の主な初期症状になります。

上記の症状をはじめ何らかの身体の明らかな異常をきたしたら、服用を中止してすぐに受診してください。

禁忌・注意事項

妊娠中・授乳中、異常性器出血、乳がん・子宮がん・子宮筋腫などの女性疾患、35歳以上で1日15本以上の喫煙者、血管系の疾患・その既往歴、前兆を伴う片頭痛、心臓疾患、血管病変を伴う糖尿病、抗リン脂質抗体症候群、肝障害、脂質代謝異常、高血圧、耳硬化症、骨成長が途中の方はヤスミン及び低用量ピルを服用できません。

オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤(ヴィキラックス)は併用禁忌です。 その他飲み合わせに注意が必要な薬が多数あるので、何らかの疾患で薬を服用している方はヤスミンの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

喫煙は血栓症の発現リスクを大いに高めるので、低用量ピルを服用する際には禁煙することを推奨します。

保管方法

  • 直射日光を避け、高温・多湿ではない室温(1~25℃)で保管してください。
  • 子供やペットの手の届かない場所に保管するようにしてください。


  • 原稿作成:薬剤師 浅田 マキ

    個人輸入について

    個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
    個人輸入について、詳しくはこちら


    お申し込みの前に

    ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

    メーカー・発送国

    Bayer (バイエル) /  発送国:シンガポール

    内容量

    1シート21錠入り(1ヶ月分)

    有効成分

    1錠にエチニルエストラジオール0.03mg、ドロスピレノン3mgを含有

    カスタマーレビュー

    13 レビュー | 評価 4.2 / 5
    星5つ 38.46%
    星4つ 46.15%
    星3つ 15.38%
    星2つ 0%
    星1つ 0%

    84% のお客様が
    この商品をオススメしています

    ヤスミンのレビュー (13)

    レビューを書く

    商品名: 
    注意: HTMLタグは使用できません!
     

    click!! --> modal window open