パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

リプロレス(フェノフィブラート)145mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

リプロレス(フェノフィブラート)145mg

SAVA (サバ)

本日2338人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 34pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

リプロレスには、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。血液中の脂質を下げる薬にはいくつか種類がありますが、リプロレスはフィブラート系とよばれています。中性脂肪が血液中から消失する速度を速めたり、体内で合成されるのを防ぎます。また、肝臓でコレステロールが生成されるのを抑制し、早く排出されるようにはたらきかけます。

内容量:30錠/箱

剤形 :タブレット剤

有効成分:フェノフィブラート145mg

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
買えば買うほど安くなる!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥1,496
(49.9円/錠)
¥7,480
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥1,793
(59.8円/錠)
¥5,379
2箱 ¥2,190
(73円/錠)
¥4,380
1箱 ¥3,380
(112.7円/錠)
¥3,380

このようなお悩みの方に

  • 中性脂肪が高いと指摘されたことがある方
  • 血糖値と中性脂肪の両方が高いと指摘されたことがある方
  • 中性脂肪が高く、将来の心筋梗塞発症が心配な方

リプロレスの特徴・効果効能

脂質異常症は、以前に高脂血症とよばれていた病気のことで、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が高くなっている状態です。血液中に過剰な脂質があると、血管の壁にこびりつき、血液の流れを悪くするだけでなく、動脈硬化を促進するといわれています。動脈硬化とは、血管が硬くなる状態をさし、将来的に狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こす原因になります。

リプロレスには、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。血液中の脂質を下げる薬にはいくつか種類がありますが、リプロレスはフィブラート系とよばれています。中性脂肪が血液中から消失する速度を速めたり、体内で合成されるのを防ぎます。また、肝臓でコレステロールが生成されるのを抑制し、早く排出されるようにはたらきかけます。悪玉コレステロールが動脈硬化の原因といわれていますが、悪玉コレステロールは下げ、善玉コレステロールはむしろ増加するという効果が期待されています。善玉コレステロールは、長寿の方に多く見られるなどの報告があります。中性脂肪を下げる作用が強い薬として知られているので、中性脂肪は正常範囲でコレステロールのみ高い方には推奨されません。臨床試験では、糖尿病を合併している中性脂肪の高い方が内服すると心筋梗塞などの発症率を約10%減少したことが報告されています。

効果的なリプロレスの使用方法

  • 使用量の目安
  • フェノフィブラート含有量:1錠あたり145mg
  • 成人の場合には、1日1回1錠を食後に内服します。ただし、腎機能障害や高齢な場合には減量して内服することがあります。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、リプロレスの使用を控えてください。

  • 腎臓病や肝臓病、胆のうに病気のある方、高齢者の方には副作用が出る可能性があるので、内服を開始する時には減量などを検討することがあります。
  • 服用したのち体調が優れない際は、服用を中止し、かかりつけの医師にご相談ください。

フィブラート系の薬の副作用で注意したいものは、横紋筋融解症です。筋肉が壊れて、その成分が血液中にあふれ、腎臓を栄養する血管につまったりすることがあります。内服開始後に、ふくらはぎの痛みなどを自覚した場合には内服を中止する必要があります。特に、腎臓が悪い方や高齢の方の場合に横紋筋融解症の副作用が出やすいといわれているので注意が必要です。他には、腹痛、吐き気、胆石や肝機能障害、脱力、膵炎などが報告されています。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。


リプロレスと正しく付き合うためのポイント

血液中の中性脂肪やコレステロールを下げ、将来の心臓病発症のリスクを減らすためには、薬を内服するだけではなく運動やバランスの良い食事、禁煙が大切です。脂質異常症に対するスタチン系の薬と併用すると横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)とよばれる副作用が出ることがあるので注意が必要です。

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


※ 商品は、参考画像となります。在庫状況により同じ成分の他のメーカーの商品が配送されることがございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

0件のカスタマーレビュー

click!!