本日6889人がチェックしました
(0 件の口コミ)  |  口コミ・レビューを投稿する

バスパージェネリック(バスピン)10mg

抗不安薬「バスパー」のジェネリック医薬品です。有効成分ブスピロン10mg配合。安全性が高く、依存性の低い抗不安薬です。デパスを愛用されていた方へおすすめです。

有効成分:塩酸ブスピロン10mg

ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)
在庫 在庫あり

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥3,582 ¥3,582
¥3,980
購入する
2箱 ¥2,376 ¥4,752
¥5,280
購入する
3箱 ¥1,944 ¥5,832
¥6,480
購入する
同じ有効成分(ブスピロン )を含む他の医薬品

デパスやベンゾジアゼピン系の抗不安薬について

2016年10月をもって、デパス(エチゾラム系)やアモバン(ゾピクロン系)は「向精神薬指定」をうけ、個人輸入ができないお薬に分類されてしまいました。

「エチゾラム」「ゾピクロン」の適応症は幅広く、効果も強力である一方、強い依存性や副作用を伴うリスクが長年問題視されていました。よって厚生労働省はこれらの薬剤を「国内で医師の処方箋のもとでしか手に入れることができない」よう施策を講じました。

この法改正に伴い、ベストケンコーでも上記の成分を含む医薬品の取り扱いを終了させていただきました。

これまで抗不安剤・睡眠導入剤として「デパス」や「アモバン」を服用されていたお客様へ、代替品として類似した適応症をもつ副作用リスクの小さな薬剤である「バスピン(有効成分:ブスピロン)」の服用を推奨いたします。ぜひご検討ください。

バスピロン5mg
バスパージェネリック5mg(100錠)
バスパージェネリック10mg(100錠)

バスパージェネリック(バスピン)10mgの特徴・効果効能

バスパージェネリックの主成分はブスピロンです。セロトニンに働きかけることで不安を取り除き、心を落ち着ける作用のある抗不安薬の1つで、非ベンゾジアゼピン系に分類されます。

非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、効果は十分に発揮される上に、眠気や倦怠感が残るなどの副作用症状の出現が少なく、呼吸停止などの重篤な副作用症状に陥る危険がないことが特徴です。さらに、身体が薬に対して耐性を作りにくく、少ない内服量で長期間、充分な効果が期待できます。

ブスピロンは人の精神状態に大きく関係するセロトニンという神経伝達物質に働きかけます。セロトニンが不足してしまうと、気分が落ち込んだり、夜眠れなかったりとうつ病や不眠症の症状を引き起こしてしまいます。ブスピロンはこのセロトニンの働きを活発にすることで、気持ちの安定を図ります。

セロトニンの活動が活発になると、他の神経伝達物質のドパミンやノルアドレナリンの働きも活発になるので、心配事やストレスが取り除かれ、不安や不眠などの症状は改善されます。ブスピロンが含まれているバスパージェネリックは、この1錠で不安・うつ症状・不眠の全てを改善することができるので、海外でもとても人気が高い抗不安薬の1つです。

以前日本で使用されていたデパスもバスパージェネリックと同じような効果を発揮していました。デパス錠との違いは、バスパージェネリックはデパス錠よりも副作用症状が少なく、日常生活に支障をきたすほどの不安やストレスで悩まされる方には使用しやすい薬です。

※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。商品画像は参考写真となります。

効果的なバスパージェネリック(バスピン)10mgの使用方法

  • 使用量の目安
  • ・不安症状が強く、バスパージェネリックを内服する場合は2~3錠/回、1日2回朝と夜に分けて内服します。
    ・不眠症の場合は、寝る前に1~3錠/回内服します。内服するときは水かぬるま湯で内服するようにして下さい。
    ・バスパージェネリックの効果時間は6~7時間ほどなので、不安が強い方は朝と夜に分けて1日に2回内服すると、体内での薬の効果時間を一定に保つことができるので、精神状態を落ち着けることができます。
    ・不眠症の方は、寝る前に内服することで、朝まで効果が期待できます。
    ・バスパージェネリックは効果が出るまでに2週間ほどかかると言われています。内服量は症状の出方によって異なるので、初めて内服する方は少ない量から内服して、自分に合った量を見つけて内服するようにして下さい。どれだけの量を内服していいか心配な方は1度病院を受診し、医師に相談してみてもいいかもしれません。
    ・1日に内服できる量は60㎎/日までになります。1日の内服量を守らず、多量に内服してしまうと副作用症状があらわれやすくなったり、重篤な副作用を発症させる危険もあるので、必ず内服量は守るようにして下さい。
    ・バスパージェネリックは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の中でも、超短時間型に分類されるタイプなので、寝る前に内服しても翌日に眠気が残ることはありませんので、仕事にも支障をきたすことなく、精神バランスを落ち着けることができます。
    ・不眠症状がある方の中でも、入眠障害で悩んでいる方に効果を発揮し、薬の効果が現れるのも早いので、すぐに睡眠に導いてくれます。
    ・また、非ベンゾジアゼピン系は副作用症状が少ないので、高齢者や体の弱い方にも使用することができます。
    ・もし、飲み忘れてしまってすぐに気づいたときは、飲み忘れた分を気付いたときに内服するようにして下さい。
    ・飲み忘れに気付いて時間が経ってしまっている場合は、1回に2回分内服せずに、1回分はスキップするようにして下さい。

※使用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の使用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、バスパージェネリック(バスピン)10mgの使用を控えてください。

  • 他の安定剤・抗うつ剤・睡眠薬を服用中の方
  • 下記のような副作用が現れた場合
    強い眠気、頭痛、めまい、立ちくらみなど

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。


副作用

・バスパージェネリックの副作用症状は、めまいや立ちくらみ、眠気、頭痛、倦怠感などがあらわれることが多いです。しかし、副作用症状があらわれることは比較的少ないと言われています。
・また、呼吸停止などの重篤な症状があらわれることはまれですが、もし普段と身体の状態が違うなと感じた場合は直ちに内服を中止し、病院を受診するようにして下さい。
・副作用症状は、薬の内服量を変えたり、他の薬から変更した時などにあらわれやすいので、薬の内服量や薬を変更する時は1度医師に相談すると、問題なくスムーズに変更できるかもしれません。

使用・併用禁忌

・妊娠中・授乳中の方や腎臓・肝臓に何かしら持病がある方、パーキンソン病の方は内服しないようにして下さい。
・内服してみて、副作用症状があらわれたり、発疹などアレルギー症状がみられた場合も内服を中止するようにして下さい。
・また、バスパージェネリックは精神を安定させるだけでなく、入眠を促す作用があるので、車の運転や機械を操作する前には内服をしないようにして下さい。
・すでに抗不安薬や抗うつ薬を内服している方は、バスパージェネリックと併用しても良いか1度医師に確認して、内服を開始するようにして下さい。
・アルコールで内服してしまうと、薬の効果があらわれすぎてしまうので、内服中はアルコール摂取を控えるようにして下さい。

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


メーカー・発送国

Intas Pharma (インタス・ファーマ) / 発送国:シンガポール

内容量

100錠

有効成分

塩酸ブスピロン10mg

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

バスパージェネリック(バスピン)10mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT