パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

アフターピルと吐き気止めのセットです。効果・使用法・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

エラワンジェネリック+吐き気止めセット

本日2496人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 72pt

残り22個

エラワンは、望まない妊娠を避ける緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。アフターピルを飲んでから吐くのを防ぐため、吐き気止めとセットにしました。ドンペリドンは胃腸の働きをよくする薬でナウゼリンのジェネリック薬です。

内容量 エラワンジェネリック:1錠/箱、ドンペリドン10mg:1箱100錠入り
剤形 タブレット剤
有効成分 エラワンジェネリック:ウリプリスタル酢酸(UlipristalAcetate)30mg、ドンペリドン10mg:ドンペリドン(Domperidone)10mg
ベストケンコーならお買い物も安心!
ベストケンコーでお得にお買い物!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
1箱 ¥7,280 ¥7,280

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

ベストケンコーをSNSでシェア!

同じ有効成分(ウリプリスタル酢酸)を含む他の医薬品

エラワンジェネリックの特徴・効果効能

効果的なエラワンジェネリックの使用方法

  • ウリプリスタル酢酸含有量:1錠あたり30mg
  • 120時間(5日以内)に1錠服用すると効果を発揮します。
※エラワンジェネリックは72時間以内の避妊にのみ有効であり、中絶用のピルではありません。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

使用上の注意

以下に該当する方は、エラワンジェネリックの使用を控えてください。

  • 妊婦、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 心血管系、血圧に障害のある方
  • 肝機能障害のある方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

ドンペリドンの特徴


ドンペリドンの使用方法

ドンペリドンは、1日3回食事前に内服します。1回の量は状況や年齢によって変わりますが、大体10㎎/回です。

薬を食事前に内服するのには、2つ理由があります。

1つ目は、胃が空の状態で薬を内服することで、胃での薬の分解を促進することができます。

2つ目は、ムカムカした気分の悪い状態のまま食事をすると、どうしても食事が喉を通りません。食事前にドンペリドンを内服することで、気分の悪さを食事前に事前に抑えてくれるので、内服した後のほうがより食事を摂れるようになることが期待されます。

ここで知っていて頂きたいのが「食前」とはいつのことかということです。食前とは食事を食べる30~60分ほど前に薬を内服することを言います。

ドンペリドンは、薬を内服してから大体15~30分程度で薬の効果が最も現れるとされています。なので、食事を食べる30~60分前に内服すると食事を食べる時にはちょうど薬の効果を発揮し、気分の悪さを軽減してくれているので、忘れずに内服しましょう。

食事前に内服することがほとんどですが、絶対食前に飲まなければ効果が現れないというわけではありません。食べ物が胃に入っていることで、ドンペリドンの効果が最も現れるのは食事前の2倍かかるといわれていますが、気分の悪いタイミングで内服することもある薬です。

ほとんどの薬が食事後の内服なので、ドンペリドンのように食事前に内服する薬は飲み忘れてしまうことがあるかもしれません。食事前に飲み忘れてしまった時で、食事後すぐに飲み忘れに気づいたときは、食事後でも気分が悪い・ムカムカすると思ったら処方通りの量を内服して下さい。

ドンペリドンの効果はしっかり現れてくれるので、胃の動きを活発にし、胃に留まっている食物を腸へ送り出してくれるので、気分の悪さが改善されます。

時間が経って気付き、気分がいい時は次の食前の内服時まで飲まずに1回分スキップしてください。次の食事前に内服するときは、1回分の分量だけを内服するようにして下さい。

使用上の注意

    消化管に出血や閉塞がある方、妊娠中の方、下垂体腫瘍のある方はドンペリドンの使用ができなくなっています。

    抗うつ薬などと一緒に内服してしまうと、ホルモンバランスが崩れ、副作用症状が現れやすくなる例が報告されています。

    消化管が痛い時に内服する抗コリン薬などの痛み止めと一緒に内服すると、2つの作用が弱まるといわれています。

    反対に、クラリスロマイシンなどのマクロライド系抗生剤と一緒に内服すると、ドンペリドンの血中濃度が高まってしまうので注意が必要です。

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら


お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


0件のカスタマーレビュー

click!!