アイチュミューン100mg(アトピー性皮膚炎)

 本日327人がチェックしました
0 レビュー | レビューを書く

アイチュミューン100㎎は、免疫抑制剤「シクロスポリン」を100㎎含むアトピー性皮膚炎の治療薬です。日本の動物病院では「アトピカ」という名前で販売されている高価なお薬になります。

有効成分:1カプセル当たりシクロスポリン100mgを含む

ブランド:SAVA (サバ)
在庫:残り28個
消費期限:2021-01-31

セット
1箱
あたり
(14%OFF)
販売
価格
 
1箱 ¥8,486
(1414.3円/錠)
¥8,486
¥9,867
購入する
2箱 ¥7,808
(1301.3円/錠)
¥15,616
¥18,158
購入する
3箱 ¥7,636
(1272.7円/錠)
¥22,908
¥26,634
購入する
10箱 ¥7,506
(1251円/錠)
¥75,060
¥87,273
購入する
同じ有効成分(シクロスポリン)を含む他の医薬品

ここがポイント!

  • 日本の動物病院で処方される「アトピカ」のジェネリック薬
  • アトピー性皮膚炎を含む免疫介在性疾患に効果のある免疫抑制剤
  • ジェネリック薬ならではの高いコストパフォーマンス

商品詳細

アイチュミューン100㎎は、日本の動物病院で「アトピカ100㎎」という名前で処方される免疫抑制剤のジェネリック薬です。アトピカ100㎎は日本でアトピー性皮膚炎の治療薬として2005年に認可の降りた薬であり、アイチュミューン100㎎も同様の効果が期待できます。

アトピー性皮膚炎は、環境中に存在する物質(アレルゲン)に対して免疫が過剰に反応してしまい、皮膚に炎症を起こす病気です。3歳未満の若いうちから発症する病気で、皮膚のかゆみや脱毛などを起こす犬で一般的な病気です。完治させることは難しく、多くのケースでは一生投薬治療が必要になることが多いです。

犬のアトピー性皮膚炎は、免疫機能を持つ細胞である白血球の中でも「ヘルパーT細胞」の活動が強くなりすぎてしまうことで起こると言われています。シクロスポリンは、そのヘルパーT細胞の機能を抑え、インターロイキン2などの炎症反応を起こす物質の放出を抑制します。その結果、体の中の炎症反応が治まり、皮膚のかゆみや炎症などのアトピー性皮膚炎の症状が軽減します。

アイチュミューンと同じシクロスポリンを含むアトピカは「難治性のアトピー性皮膚炎における症状の緩和」を効能効果として日本で認可が下りています。シクロスポリンはアトピー性皮膚炎だけではなく、免疫の暴走によって起こる様々な病気に効果があると考えられています。動物病院では、免疫介在性皮膚疾患、免疫介在性溶血性貧血、炎症性腸疾患(IBD)、乾性角結膜炎(KCS=ドライアイ)など多くの免疫介在性疾患に使われることがあります。

使用方法

アイチュミューン100㎎は、15~29㎏の中型~大型犬用の免疫抑制剤の内服薬です。15㎏未満、あるいは30㎏以上の犬には犬の体重に合ったサイズのアイチュミューンを飲ませるようにしてください。

本剤の吸収は、フードによって大きく阻害されてしまいます。フードと一緒に飲ませると本剤が吸収されづらくなってしまうため、空腹時に飲ませることが大切です。そのため、本剤を飲ませる場合は、食前1時間、食後2時間を必ず避け、必ず空腹時に飲ませるようにしてください。

また本剤は、噛み砕いて飲ませると効果が落ちてしまう可能性があります。フードに混ぜて食べさせることもできないため、うまく飲みこませる必要があります。犬の口を開けて舌の根元に本剤を置いたら、口を閉じて鼻先に息を吹きかけるとごくっと飲んでくれることが多いです。ソフトカプセルになっておりますので、他の錠剤などと比べると飲ませやすくなっています。

本剤には即効性は期待できません。効果が出るまで最低1~2週間かかると言われていますので、効果が無いからと言って短期間でやめてしまわないようにしてください。ただし、使い始めから8週間継続しても効果が無い場合は、効果が期待できない可能性が高いので、使用を中止し獣医師にご相談ください。

動物病院などで手に入れる場合との比較

アイチュミューン100㎎は日本で販売されていないため、手に入れる場合には動物病院を受診し、アトピカ100㎎を処方してもらう必要があります。

その場合にかかる費用の目安は、

診察料:約1,000円
処方料:~1,000円
アトピカ100㎎(1カプセルあたり):1,000~2,000円

となります。場合によっては血液検査やアレルギー検査が必要になることもあり、その場合には数千円~3万円程度費用がかかることもあります。そのため、動物病院でアトピカ100㎎の購入を購入する場合、30カプセルだと最低でも3万円以上の費用が掛かることが多いです。

副作用

アイチュミューンの投与によって最もよく見られる副作用は消化器症状(下痢や嘔吐、食欲不振)です。軽度なものであればそのまま治まることもありますが、ひどい下痢や嘔吐が出てしまった場合には投与を中止して動物病院に相談するようにしましょう。

また、本剤の投与により皮膚のイボの増加、歯肉の肥厚、被毛の変化、肝酵素の上昇などが診られることがあると報告があります。気になることがある場合は投与を中止して早めに動物病院を受診しましょう。

注意事項

アイチュミューンは免疫抑制剤です。本剤投薬中に生ワクチンは打てませんので、ワクチン接種がある場合には必ず本剤を飲ませていることを獣医師に伝えるようにしてください。

がん(悪性腫瘍)を持っている動物では腫瘍の増殖スピードが速くなってしまう可能性がありますので、本剤を飲ませないようにしてください。また、糖尿病や感染症を持っている犬にも投与は控えておいてください。他にも、高齢犬や肝機能・腎機能に問題を抱えている犬では、薬の代謝能力が落ちているため、本剤による副作用が強く出てしまう可能性があります。必ず獣医師に相談してから投与するようにしてください。

さらに、本剤は他の薬との相互作用が多く報告されている薬です。他の薬と併用することで、効果が減弱したり、逆に強く出すぎてしまったりすることがあります。何か薬を飲ませている場合には、必ず獣医師の指示の下で投薬するようにしてください。

万が一、本剤を誤って人が飲んでしまった場合には、嘔吐や頭痛、血圧の上昇などの副作用が起こる可能性があります。人が飲んでしまった場合には直ちに医師の診察を受けるようにしてください。

保管方法

  • 直射日光の当たる場所を避け、30℃以上になる場所で保管しないようにしてください。
  • 温度が高い場所で保管すると、カプセルが変形することがありますので、カプセルの変形がみられる場合には、そのカプセルは使用しないようにしてください。
  • 小児が間違って飲んでしまったりしないよう、子どもの手の届かない場所に保管してください。
  • 個人輸入

    個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。

    お申し込みの前に

    ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

    郵便局留め対応・中身のわからない梱包

    ベストケンコーはお客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

    メーカー・発送国

    SAVA (サバ) /  発送国:シンガポール

    内容量

    6錠/箱

    有効成分

    1カプセル当たりシクロスポリン100mgを含む

    剤形

    チュアブル錠

    アイチュミューン100mg(アトピー性皮膚炎)のレビュー (0)

    レビューを書く

    商品名: 
    注意: HTMLタグは使用できません!
     

    click!! --> modal window open