イトラコナゾール100mg15錠

 本日371人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

爪水虫なら絶対これ!パルス療法で完全治療をめざす!

有効成分:Itraconazole(イトラコナゾール)100mg

ブランド UK Generic(ユーケージェネリック)
在庫 在庫あり

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥3,880 ¥3,880 購入する
2箱 ¥2,790 ¥5,580 購入する
3箱 ¥2,427 ¥7,281 購入する
5箱 ¥2,116 ¥10,580 購入する

イトラコナゾール100mgの特徴・効果効能

イトラコナゾールとは、水虫の原因となる白癬菌や、カンジダの原因となるカンジダ菌などの真菌に対して効果のある抗生物質です。

イトリゾールの作用機序は、エルゴステロールと呼ばれる細胞膜の合成に必要なP450と呼ばれる酵素を阻害することです。人間も真菌などの細菌も、細胞を守るために細胞1つ1つが細胞膜という膜で守られています。人間の体には白血球を初めとした様々な免疫機構が存在し、体内や体表面に存在する異物を攻撃しています。

しかし、真菌の場合は、エルゴステロールで構成された細胞膜が存在するため、もともとある免疫機構だけでは対処することができないため、真菌が増殖し、水虫やカンジダといった症状を引き起こします。イトラコナゾールは、真菌がエルゴステロールの細胞膜を合成ために必要なP450という酵素の働きを妨げます。この結果、真菌の防御機能がなくなるため、人間がもともと持っている防御機構で対処が可能となり、治療が行われるというものです。

イトラコナゾールは、真菌に対して効果を持っていますが、爪水虫に対して使用していただくことをおすすめいたします。パルス療法と呼ばれる投与方法があり、先発品であるイトリゾールカプセルが正式に厚生労働省よりその使用方法の承認を取っており、他の抗真菌薬よりも効果が認められている投与方法です。

また、性病であるカンジダに対しても効果が認められていることから、病院に行かなくても自宅でこっそり治療ができます。

効果的なイトラコナゾール100mgの使用方法

  • 使用量の目安
  • ※イトラコナゾールの服用方法は、その疾患によって異なりますので、服用前に必ずご確認ください。
    ・表在性皮膚真菌症(爪白癬以外):一般的な水虫のことで、爪以外に症状がある場合です。1回半錠~1錠を1日1回 食直後に服用してください。また、爪カンジダ症及びカンジダ性爪囲爪炎に対しては、1回1錠を食直後に服用してください。年齢、症状により増減するは可能ですが、1日最高用量 は2錠(200mg)です。
    ・爪白癬(パルス療法):爪水虫のことです。1回2錠を1日2回(1 日量400mg)食直後に1週間連続で服用してください。その後3週間休薬してください。この1ヶ月間のサイクルを1サイクルとし、3サイクル繰り返してください。3サイクル完了した際に正常な爪が生えている、生え始めている場合、それで治療は完了として良いですが、まだのようでしたらもう1~2サイクル継続してください。


    ※以下2つの病気は病院で診断を受けて初めて治療が開始されますので、自己判断で服用することはないです。病院で処方された薬が切れた場合、同じ用法用量で継続服用する場合が想定されます。
    ・内臓真菌症(深在性真菌症): この病気は病院で診断を受けて初めて治療がなされますので、レアなケースです。1回~2錠を1日1 回食直後に服用してください。
    ・深在性皮膚真菌症: 通常、成人にはイトラコナゾールとして100~200mgを1日1 回食直後に経口投与する。なお、年齢、症状により増減することは可能ですが1日最高用量は2錠(200mg)です。お薬の服用に際しては、グレープフルーツジュースと一緒に服用してないでください。グレープフルーツは、CYP3A4という代謝酵素を阻害します。イトラコナゾールはこのCYP3A4によって代謝され無毒化されます。グレープフルーツジュースと併用してしまうと、イトラコナゾールが適切に代謝されず副作用の発現の可能性が高まります。

    ※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

使用上の注意

以下に該当する方は、イトラコナゾール100mgの使用を控えてください。

  • イトラコナゾールの有効成分に対してアレルギーのある方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

副作用

・パルス療法の場合の副作用は13.5%の患者さんに認められたというデータがあります。
・パルス療法以外では7.9%の患者さんに副作用が認められたというデータがあります。
・いずれの場合でも、比較的多く認められたものが、ASTやALT上昇、ALP上昇、LDH上昇などの肝臓機能の数値に異常です。あとは、抗生物質でよく認められる下痢、医薬品であれば一般的に認められる発赤、湿疹、かゆみなどのアレルギー症状があります。
・その他重大な副作用として、うっ血性心不全、肺水腫、アナフィラキシーショック、間質性肺炎などもあります。服用して普段と異なる症状や気になる症状がありましたら、すぐに医師に相談するようにしてください。

使用・併用禁忌

・イトラコナゾールは、代謝酵素であるCYP3A4を阻害するため、CYP3A4で代謝される医薬品を服用している場合、併用禁忌となります。非常に多くあるのですが、ハルシオン(睡眠薬)、ノルバスク・ニフェジピンなどのCa拮抗薬(高血圧治療薬)、リポバス(高脂血症治療薬)などです。
・併用注意薬もたくさんあり、抗精神薬、バイアグラ・シアリスなどの性行為薬、ワーファリンなどがあります。
・もし、他の治療薬を服用されている場合は、イトラコナゾールを服用する前に医師に相談することをおすすめいたします。

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


メーカー・発送国

UK Generic(ユーケージェネリック) / 発送国:シンガポール

内容量

15カプセル

有効成分

Itraconazole(イトラコナゾール)100mg

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

イトラコナゾール100mg15錠の口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT