プレガビッド(プレガバリン)50mg

 本日248人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

NSAIDSでの効果が乏しい神経性の疼痛を和らげてくれる、リリカのジェネリック薬!

有効成分:プレガバリン 50mg


ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)
在庫 残り16個 残り僅かです。ご注文はお早めに。

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥5,980 ¥5,980 購入する
2箱 ¥4,440 ¥8,880 購入する
3箱 ¥3,960 ¥11,880 購入する
同じ有効成分(プレガバリン)を含む他の医薬品

プレガビッド(プレガバリン)50mgとは

プレガビッド(プレガバリン)50mgは一般的な鎮痛薬では効果があまり期待できない神経性疼痛やてんかんなど、ニューロンの興奮に関係する症状を緩和してくれるリリカのジェネリック医薬品として販売されており、世界中で使用されている神経性疼痛の鎮痛薬です。


商品詳細・効果

プレガビッド(プレガバリン)は有効成分にプレガバリンを含み、リリカのジェネリック医薬品として販売されています。帯状疱疹神経痛や糖尿病性末梢神経障害、線維筋痛症などの治療に使用され、リリカと同様、神経の興奮によって起こる痛みやしびれを緩和してくれる効果があります。

有効成分のプレガバリンはニューロン(神経細胞)の興奮を鎮静化させてくれる効果があります。ニューロンは送られてくる信号を脳に伝える働きを持っています。この働きを興奮と言います。
外部からの刺激は、ニューロンによって脳に伝えられ、脳が身体に指令を送り、身体が反応するという神経伝達を行います。
帯状疱疹神経痛や糖尿病性抹消神経障害、線維筋痛症などの神経性疼痛はニューロンが異常に興奮した状態にあるため、全身に痛みやしびれを感じてしまう苦痛を感じる症状です。

プレガバリンによってニューロンの興奮を抑えてくれることで、一般的に使用されている鎮痛薬では効果があまり得られない神経性疼痛を和らげてくれます。
日本ではまだ未承認の薬ですが神経性疼痛の鎮痛薬として世界中で知られており、最も使用されている薬の1つです。

また、新たに神経性疼痛だけでなく、ニューロンが突然電気的な刺激を受けて起こるてんかんの発作に対しても効果が得られることがわかり、てんかん薬としても使用されるようになりました。
さらに、アルコール依存症や薬物乱用が原因で発症する全般性不安性障害(GAD)にも効果を発揮し、依存症の離脱から起こる不安症状を軽減してくれる働きを持っていると言われています。


使用方法

プレガビッド(プレガバリン)の内服の仕方は、最初1日150㎎を2回に分けて内服します。1回の内服量は1.5錠、75㎎です。

そして、1週間以上かけて徐々に1日300㎎まで増量していきます。1回の内服量は1日2回、1回3錠、150㎎です。
1回の内服量を徐々に増量していく間も内服回数は1日2回に分けて、1日内服量の半量ずつ内服するようにして下さい。

神経障害性疼痛の場合、1日の最大内服量は600㎎までですので、これ以上の量の内服は決してしないようにして下さい。
また、線維筋痛症の症状である疼痛の場合は1日の最大内服量は450㎎となっていますので、これ以上の量の内服はしないように注意して下さい。内服量は年齢や症状、体格などによっても異なるため、内服量がわからない方は内服前に医師に相談するようにして下さい。

プレガビッド(プレガバリン)は過剰な興奮状態にあるニューロンを鎮静化する効果があるため、効果が十分に発揮されるまでには少し期間を要することもありますが、内服量を極端に増量したりせず、徐々に増量し、1日の最大内服量をしっかり守るようにして下さい。

内服し忘れた場合は、気付いた時にすぐに内服するか、次の内服時間に近い時は1回分をスキップして、次の内服の時に1回分を内服するようにして下さい。
1度の内服で2回分内服してしまうと過剰摂取になり、副作用症状があらわれる可能性が高まるため決してしないように注意して下さい。

誤って過剰摂取してしまった場合は、すぐに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。
また、プレガビッド(プレガバリン)は徐々にニューロンに働きかけて効果を発揮する治療薬であるため、自分の判断で内服量を増減したり、内服を中断してしまうと疼痛の鎮静効果が得られなくなるため、自己判断で内服量を変更することはしないようにして下さい。


副作用

プレガビッド(プレガバリン)の副作用症状は、眠気・頭痛・視力低下・めまい・ふらつき・むくみ・体重増加・便秘・下痢・発疹など全身にさまざまな症状がみられる可能性があります。

これらの症状の中でも、特に見られやすい症状は眠気と視力低下ですので、注意するようにして下さい。

副作用症状が重症化すると、心臓疾患による手足のむくみや息切れなどの症状がみられる場合もあります。
これらの副作用症状があらわれることは極まれですが、プレガビッドの内服を開始した後に何か普段と異なる症状があらわれた場合は、継続して内服せず、直ちに内服を中止して、病院を受診するようにして下さい。


使用・併用禁忌

プレガビッド(プレガバリン)を内服する時、精神安定剤や精神科の関連薬と一緒に内服すると眠気などの副作用症状があらわれやすくなるため、併用には注意して下さい。
また、高血圧治療薬のACE治療薬と糖尿病のピオグリタゾンとの併用は副作用症状を重症化させるリスクが高まるため併用しないようにして下さい。

現在、持病を持ち何か薬を内服している方は、内服する前に事前に医師に相談するようにしましょう。
また、腎臓病がある方や腎臓機能が低下している方は、少量ずつ内服していく必要があるため、医師に相談するようにして下さい。妊娠中・授乳中の女性の方は使用できません。
他にも、心不全などの心臓病や血液疾患などの持病を持つ方は内服量に注意が必要になるため、事前に医師に相談するようにして下さい。

副作用症状に眠気や視力低下、ふらつきなどの症状があらわれる場合があるため、プレガビッド(プレガバリン)を内服後は高所での作業や車の運転などは避けるようにして下さい。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。


保管方法

プレガビッド(プレガバリン)を保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。


個人輸入について

プレガビッド(プレガバリン)の個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。

なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。

また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Intas Pharma (インタス・ファーマ) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱100カプセル

有効成分

プレガバリン 50mg

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

プレガビッド(プレガバリン)50mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT