パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg

Cipla (シプラ)

本日3223人がチェックしました

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgは、ラベプラゾールナトリウムを有効成分とするプロトンポンプ阻害薬です。主に胃食道逆流症や十二指腸潰瘍など胃酸の過剰分泌によってもたらされる症状に効果があります。 また他の抗生物質との併用でピロリ菌除去療法にも用いられています。

内容量:30錠/箱

剤形 :フィルムコーティング剤

有効成分:ラベプラゾール(Rabeprazole)20mg

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
買えば買うほど安くなる!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥1,476
(49.2円/錠)
¥7,380
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥1,760
(58.7円/錠)
¥5,280
2箱 ¥2,190
(73円/錠)
¥4,380
1箱 ¥3,380
(112.7円/錠)
¥3,380

同じ有効成分(ラベプラゾールナトリウム)を含む他の医薬品

このようなお悩みの方に

  • 十二指腸潰瘍
  • 胃潰瘍の痛みや胸焼け
  • 逆流性食道炎

パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgの特徴・効果効能

パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgは、ラベプラゾールナトリウムを有効成分とするプロトンポンプ阻害薬です。主に胃食道逆流症や十二指腸潰瘍など胃酸の過剰分泌によってもたらされる症状に効果があります。 また他の抗生物質との併用でピロリ菌除去療法にも用いられています。

胃酸とは胃液内の塩酸で、胃内へ入ってきた食物の殺菌作用や、胃の中の食べ物の腐敗、発酵の阻止、そして入ってきた食物を消化されやすくするなどの働きをしています。 しかし、脂肪分の多い食生活やストレスなどの原因により、この胃酸が過剰に分泌されるようになったりします。胃酸が過剰に分泌されることによって、胃液や胃にはいった食物が食道に逆流する胃食道逆流症や十二指腸潰瘍などが引き起こされます。パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgの有効成分『ラベプラゾールナトリウム』は胃酸の最終生成過程を阻害して胃酸の生成を抑制します。

また、パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgの胃酸分泌抑制作用は、十二指腸内における胃粘膜の生成を抑制して十二指腸のピロリ菌感染を妨げます。 加えて抗生物質を使用することによって十二指腸内のピロリ菌が除去されることから、十二指腸潰瘍の再発を効果的に阻害することができるとされています。

効果的なパリエットジェネリック(ラビシップ)20mgの使用方法

  • 使用量の目安
  • 症状により、服用量が異なります。
  • 錠剤は飲み込み、噛みくだいたり、潰したり、割ったりしないでください。
  • 浸食性、潰瘍性胃食道逆流症の場合:通常は1日1回20mg(1錠)を4-8週間服用します。
    基本8週間の服用ですが、治癒しなかった場合はさらに8週間の服用継続をおすすめします。
  • 症候性胃食道逆流症の場合:通常は1日1回20mg(1錠)を4週間服用します。
    基本4週間の服用ですが、治癒しなかった場合、さらに8週間の服用継続をおすすめします。
  • 十二指腸潰瘍の場合:1日1回20mg(1錠)を最長4週間まで、朝食後に服用します。
  • 十二指腸潰瘍再発の危険性を減少するためのピロリ菌根絶療法の場合:アモキシリン1000mg、クラリスロマイシン500mg、各成分を含む2つの薬とパリエットジェネリック(ラビシップ)20mgを1錠、1日に2回(朝食、夕食後)1週間服用します。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgの使用を控えてください。

  • ラベプラゾールに対する過敏症状のある方
  • 妊娠中、授乳中の方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。


パリエットジェネリック(ラビシップ)20mgと正しく付き合うためのポイント

パリエット20mgの成分ラベプラゾールナトリウムは、胃粘膜細胞の胃酸分泌機構を阻害し胃酸分泌を抑制します。主に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療に使用されています。パリエット錠は、胃酸の分泌を抑え胃潰瘍の痛みや胸焼けを和らげます。また、鎮痛薬が原因の潰瘍にも有効といわれています。
発疹、じんま疹、かゆみ、下痢、軟便、味覚異常、腹痛、腹部膨満感などの副作用がでることがあるようです。併用禁忌薬があります。

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 4.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 100.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

80% のお客様が
この商品をオススメしています

1件のカスタマーレビュー

click!!