電子ブックセット<もし村上春樹がなにかの間違えで『バイアグラの誕生秘話』を小説にしたら>

 本日166人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

バーで偶然出会った正体不明の女性から聞かされる、大人気ED治療薬バイアグラの意外な誕生秘話!


ブランド BestKenko (ベストケンコー)
在庫 在庫あり

セット
1箱
あたり
販売
価格
1箱 ¥1,428 ¥1,428
¥1,680
購入する

人気の電子ブック『もし村』シリーズのセット商品

ベストケンコー人気電子ブック「もし村上春樹がなにかの間違えで『バイアグラの誕生秘話』を小説にしたら」の第2章から最終章の第3章までが1つのセットになった『もし村』シリーズ完全版です。

こちらの電子ブック商品ですが、只今イベント中でもあり、該当する商品を決められた数量購入すると各該当する章の電子ブックがおまけ商品としてつきます。第一章は無料で配布しており、 こちらよりダウンロードが可能です。第2章、また最終章の第3章は各該当商品を決められた数量購入するとおまけ商品としてつきます。


内容紹介

ベストケンコーで最も人気のあるED治療薬「バイアグラ」、その製薬にまつわる秘話をユニークな形式でお届けします。


<第一章>

仕事をすませたあと、大久保拓哉はしばらく歩いてからタクシーを拾い、池袋のホテルに行った。帰宅し眠りにつく前に、アルコールで神経の高ぶりをほぐしておく必要がある。気がつくと店内はざわざわという話し声が満ちていた。やがて一人の女性がやってきて大きなショルダーバッグを横に置きカウンター席に座った。上品な仕立てのビジネス・スーツを着て、年齢はおそらく三十代後半だろう。バーテンダーがメニューとおしぼりを持ってやってくると、彼女はメニューも見ず、ジンペースのマティーニを注文した。静かな落ち着きのある声だった。関西訛りが聞き取れる。その独特な響きは妙に拓哉の心を落ち着かせた。肩までの髪はきれいにカットされ、よく手入れされている。装身具に類するものは一切つけていない。入口からはいってきたときの背の高さを観察するとおおむね百六十センチ前半といところだろうか。拓哉の視線を感じたのか、彼女はこちらに目をむけた。お互いの視線が合うと、彼女は見えるか見えない程度の微笑みをみせた。

「どなたかと待ち合わせですか?」

突然の問いかけに拓哉はびっくりしたように声の方へ視線をむけた。先ほどまで本を読んでいた彼女だった。タクヤはなにを聞かれたのか記憶をたどり、頭を整理した。そして表情を崩した。仕事柄、いつでも笑顔を出し入れできる特技を拓哉は持ち合わせていた。

「いえ、一人で飲んでいます」

「私も一人なんです。もしよかったら、お隣いいですか?」

「はい。」

拓哉は自然とそう答えていた。

第一章はこちらより無料でダウンロードが可能です。


ダウンロードする方法

  1. 電子ブックを購入します。
  2. 決済完了後に「マイページ」>「電子ブック」よりダウンロードいただけます。

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

電子ブックセット<もし村上春樹がなにかの間違えで『バイアグラの誕生秘話』を小説にしたら>の

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT